SKE48が劇場で年越しイベント、若手メンバーの「通信簿」を公開
2016年12月31日、SKE48劇場で「SKE48 忘れられない大忘年会 ~若手の2016年通信簿~」や「カウントダウン2016→2017」など、大晦日ならではのイベントが開催された。 「SKE48 忘れられない大忘年会 ~若手の2016年通信簿~」では、高校生以下の若手メンバーが2016年の活動を基にメディア関係者やスタッフから「通信簿」形式で採点され、満点を10点として点数をつけられた。 当サイトも通信簿に参加。編集部からは荒井優希を推薦。じゃんけん大会で見せたセクシーな衣装、スタイル抜群なグラビアなどビジュアル面での評価が高く、またMCとして活躍できそうな可能性も感じさせてくれた。2017年に期待されるメンバーだ。 そんな荒井は、自身も評価される側でありながら「荒井優希のアイドル診断」として、若手メンバーを5項目5点満点で評価。 「天使」と呼ばれ可愛いらしさ満点のはずの江籠裕奈には、「顔面」でまさかの1点をつけ、「16年、ちょっとぶれていたかな」と意外な評価で会場をざわつかせた。 公演の最後は『片想いFinally』『前のめり』『SKE48』の3曲を披露。参加したファンからは「神イベントだった」とSNSで評価を得た。 そして「カウントダウン2016→2017」では逆に、18歳以上のメンバーが集合。紅白歌合戦などに参加しないメンバーで構成された。こちらではメンバーがテーマに沿った投票を行い、「もっともエロかったメンバー」「もっともダサかったメンバー」などが決定した。 最後は『冬のカモメ』が披露され、キャプテンである斉藤真木子は「カウントダウンも楽しいですけど、来年はみんなでNHKホールを目標にしたいと思う」と、紅白歌合戦へのSKE48単独出場をファンに誓った。 写真(C)AKS