浜崎あゆみ ”聖地”代々木第一体育館で17年連続のカウントダウンライヴ
浜崎あゆみ年末恒例のカウントダウンライヴ、ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2016-2017 A 『Just the beginning -20-』が、12月29日・30日・31日の3日間、国立代々木競技場第一体育館で開催された。 1年の締めくくりと新しい年の始まりを記念するプレミアム・ライヴとして人気を誇る浜崎あゆみの年末ライヴは、今年で17年連続17回目。2000年から開催され、これまでに約48万人を動員し、今年の開催で50万人を突破した。開催地となる国立代々木競技場第一体育館が、来年から修復工事に入る為、今年の開催をもって一旦ピリオドを刻むことになる。 LIVEは、「忘れる事も出来る、忘れずにいる事も出来る、けれど忘れられない事がある。夢の世界へようこそ」というayuのナレーションから、いきなりセンターステージ上空でのフライングパフォーマンスから、LIVEで初歌唱となる1999年のシングル曲『kanariya』からスタート。2016年夏のツアー「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A ~M(A)DE IN JAPAN~」でも、指定ゾーンでのLIVE写真撮影可能が大きな話題を呼んだが、今LIVEでは、本編全てで撮影が可能となり、早速、スマートフォンを掲げる様子が多数見られた。 その後も、『Fly high』『UNITE!』、滅多に見られないデビュー曲『poker face』『Depend on you』等、初期の大ヒット曲を惜しげもなく投入しオーディエンスを盛り上げる。また、約30メートルのベールをまとったドレスで、『M』を、冬バラード『No way to say』等を歌い上げる。 カウントダウンは『taken’ 2 myself』で、『Happy New Year!!!!!』と満員のオーディエンスと、新年を祝い、本編は名曲『Voyage』で感動的に幕を閉じた。 アンコールでは、『Boys & Girls』『evolution』『SURREAL』等を含む12曲に及ぶメドレーを、アリーナ会場では初となるトロッコでの外周パフォーマンスでオーディエンスの側で歌い上げ、最後は、長年ファンに愛される『Who…』を歌い上げ17年の歴史を感動的に締めくくった。