ハロー!プロジェクト新リーダー アンジュルム和田彩花就任に涙

2016年12月31日、東京・中野サンプラザにて「Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2016 ~ GOOD BYE & HELLO!~」が開催され、2017年からのハロー!プロジェクトの新リーダーにの和田彩花、サブリーダーにモーニング娘。’16の譜久村聖が就任することが発表された。

ハロー!プロジェクト所属のグループが一堂に会する年越しライブは、2013年末に初開催されて以来、毎年の恒例行事となっている。2015年末はモーニング娘。’15の中心的存在だった鞘師里保のラストライブというメモリアルな公演となったが、4回目となる今回もまた新たな歴史を刻む記念すべき公演となった。

オープニングアクトとして研修生が2曲披露したのち、司会の上々軍団、嗣永桃子、熊井友理奈、そして全キャストが登場。各グループが2016年の振り返りと2017年の抱負を語り、本編がスタート。2016年は初のドラマに初の日本武道館単独公演と躍進した、2017年2月にメジャーデビューを控えるつばきファクトリー、シングルウィークリーチャート1位を獲得し初のアルバムも完成させたこぶしファクトリー、嗣永桃子の卒業宣言でメンバーにさらなる成長が見られるカントリー・ガールズ、13期メンバーの加入により数時間後には体制が変わり、表記も「」となるモーニング娘。’16、2017年6月の解散が迫るベテランのNo.1を目標に掲げ邁進するの順に、それぞれのグループが1年の活動を総括するパフォーマンスを見せた。

和田_譜久村_握手

最初のサプライズが訪れたのは、4組のライブを終えて休憩時間を挟んだ直後のアクト。残す出演者は、モーニング娘。’16、。次はどのグループが出てくるのかというところで、なんとOGの藤本美貴が登場。ファンが騒然とするなか、代表曲『ロマンティック 浮かれモード』を熱唱して会場を一気にヒートアップさせた。

もうひとつのサプライズはの出演パート。全グループのメンバーがステージ上に合流し『世界一HAPPYな女の子』を披露し終えたあと、司会を交えたトークへと展開。そこでのリーダーにしてハロー!プロジェクト全体のリーダーも務める矢島舞美から「(ハロー!プロジェクトの)新リーダーを決めたんです」との発表があり、サブリーダーにモーニング娘。’16の譜久村聖が、リーダーに和田彩花が任命された。

譜久村は「初めてハロー!プロジェクトにサブリーダーというポジションがつくということで、自分の新しい役割を見つけていきたいなって思いますし、先輩たちが繋げてきてくださったハロー!プロジェクトをもっともっとたくさんのかたに知ってもらいたいなって思います。和田さんと一緒にハロー!プロジェクトの魅力を伝えていきたいと思います」と意気込みを語った。

和田は「こんな私がハロー!プロジェクトのリーダーなんて考えられない。普段はあの変な人たち()を連れているんですよ? そんな私がやっていいのかって不安がありますけど、でも私は、ハロー!プロジェクトが大好きなんですよ。ずっとずっと小さい頃から見てきて、今でもずっと憧れなので、先輩たちが繋いできてくださったハロー!プロジェクトをちゃんと守っていきたいなと思いますし、私は守るだけじゃなく、新しい形としてハロー!プロジェクトをで引っ張っていきたいなと思います。いい意味でがハロー!プロジェクトの枠を壊していけたらなと思います」と涙ながらに宣言。中野に駆けつけた2200人のファン、ライブビューイングを見る全国各地のファンを前に固い決意を表明した。

その後、和田率いるが気迫のパフォーマンスを見せ、最後には三たび全出演者がステージに集合。全員で〈もういくつ寝るとお正月〉を歌い、約5時間に及ぶカウントダウンイベントの第1部は幕を閉じた。