山本彩加が得意なトランペットで「NMB48の曲も吹いてみたい」
NMB48期待の新星として、研究生から異例のスピードでチームNに昇格(来年1月から)、さらにNMB48最新16thシングルで初選抜入り。次世代を担う逸材として注目を集める山本彩加が「FLASHスペシャル」にて新連載を開始。連載第2回目が「FLASHスペシャル新春号」(2016年12月28日発売)にて掲載され、得意だというトランペットについて語っている。 トランペットを始めたのは、中学1年生のとき。吹奏楽部に入ったのがきっかけです。トランペットはお母さんがやっていたこともあって、ずっと「やってみたいな、カッコいいな」って思っていたんです。だから、中学に入ったら絶対やろうって決めていました。 知ってますか?トランペットって、同じ指の押さえ方で、低いドも高いドも出せるんですよ! 始めたころは、そういうトランペットの特徴から吹き方まで、お母さんに教えてもらって練習しました。そして、学校ではもちろん、家でもご近所迷惑にならないようにマウスピース(管楽器に息を吹き込む部分)を使ってひたすら練習(笑)。おかげで、今ではけっこう吹けるようになりました。 得意な曲は、吹奏楽部として出場したコンクールで吹いた『ファンファーレ ロマンス・アンド・フィナーレ』。残念ながら金賞は逃してしまいましたが、吹いていて好きな曲のひとつです。いつか、NMB48の曲もトランペットで吹いてみたいな~。『HA!』なんて、吹いたらカッコいいだろうな~って思っています。いつかかなえたい夢だし、’17年に挑戦したいことのひとつでもあります! その他のインタビューとグラビアは「FLASHスペシャル新春号」(2016年12月28日発売)を購入! その他のインタビューとグラビアは「FLASHスペシャル新春号」(2016年12月28日発売)を購入!大人気のグラビア誌「FLASHスペシャル新春号」。Amazonで購入はクリック その他のAKB48グループ情報は、SmartFLASHで