指原莉乃が暫定センターでAKB48「夢の紅白選抜」リハーサル
「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルがNHKホールで行われている。今年は紅、白合わせて46組の歌手が参加。欅坂46、RADWIMPSなど10組が初出場する。テーマは「夢を歌おう」。今年からオリンピックイヤー目前の2019年、第70回までの4年間このテーマで行われ、「歌の力」で人々の“夢”を応援していく。30日にもリハーサルは行われ、多くのアーティストが参加した。 前日に直前生放送「ROAD TO 紅白スペシャル」(NHK)にて発表されたAKB48「夢の紅白選抜」。人気メンバーが順当に選抜され、歌唱をするメンバー48名が決定した。AKB48は30日にリハーサルを迎え、NHKホールへ勢揃い。 この日、紅白の進行スタッフより「順位の発表は本番に行われます。今回はダミーの順位となります。総選挙の順位となります。」と説明があり、今年の総選挙順でセンターは指原莉乃が暫定で務めることになった。 楽曲はAKB48の代表曲である『RIVER』から始まり力強い歌声とダンスを聞かせ、『フライングゲット』へ。そして最後は後ろの巨大モニターで順位発表が大々的に行われ(今回のリハーサルではダミー)、指原が暫定のセンターへ。特注のマイクで『君はメロディー』を熱唱した。紅白歌合戦の本番、本当の順位が発表されセンターが決定する。