欅坂46平手友梨奈「21人全員で一生懸命頑張ります」
第67回NHK紅白歌合戦(12月31日・よる7:15から)のリハーサルが、12月29日も会場となるNHKホールで行われている。 この日2番目にリハーサルを行った初出場の欅坂46は、緊張した面持ちで、立ち位置などを入念に確認、センター平手友梨奈を中心に振付けの確認などを行った。デビュー8ヶ月で紅白の切符を手にした彼女たちが披露するのは、2016年の代表曲と言っても過言ではない『サイレントマジョリティー』。リハーサルには、本来この曲の歌唱メンバーではない”けやき坂46”の長濱ねるの顔も見え、21人でのパフォーマンスすることが明らかになった。 披露リハ終了後の囲み取材で長濱は「初めての出場ですごく緊張しています」と語り、平手は「センターというプレッシャーはありますが、21人というのを忘れず、一生懸命全員で頑張ります。」と長濱をはじめ、メンバー全員での全力パフォーマンスを誓った。また昨日乃木坂46の秋元真夏が「坂道旋風を起こす」と発言したことについて聞かれると、菅井は「先輩方が築いてくださった道があっての紅白出場なので、足を引っ張らないように私たちらしいパフォーマンスができたら」と気を引き締めていた。