AAA西島隆弘 MV共演の有村架純気遣う「白組ですが」
「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルがNHKホールで28日から始まった。テーマは「夢を歌おう」。今年は紅白合わせて46組の歌手が出場。31日の本番直前まで入念なリハーサルが行われ、その合間を縫って、報道陣の取材に応えている。欅坂46、RADWIMPSなど10組が初出場するが、7人組ダンスボーカルユニットAAAは7回目を出場を果たした。 メンバーの西島隆弘は、ソロ名義のMVで共演した有村架純が紅組の司会ということで感想を求められ、「ご本人はすごく緊張されているようですが、僕ら白組ですけど、紅白歌合戦というものをいっしょに盛り上がれるように、相葉さんと架純ちゃんの司会を後押しできるようなパフォーマンスを届けたいと思います」とメッセージを贈った。 今年はライブで一番盛り上がる”アゲ曲”『ハリケーン・リリ、ボストン・マリ』を披露するが、末吉秀太は「今年は奇跡が起きていて、7人グループで7回目の出場で、7枚目のシングルを歌うんです。777(トリプルセブン)なんです。使いやすいコメントでしょ?」と笑いを誘った。 26日の「SMAP×SMAP」最終回の日に自身のtwitterに”憧れでした”と惜別のコメントをした宇野実彩子は「ずっと大きな幸せをもらっていたので、28年の活動に心から感謝してますし、同じユニットとしてAAAはまだまだ未熟なんですけど、続けて行くたいへんさと素晴らしさを教えてももらって気が引き締まる感じです」と話した。昨年結成10年の節目を迎え、また新しい高みを目指すAAAに2017年も大いに注目したい。