L⇔R黒沢健一ソロアルバムの再発が決定
去る12月5日に逝去したL⇔Rのリードヴォーカル、黒沢健一のお別れの会「黒沢健一を偲ぶ献花の会」の開催が、2017年1月23日に東京渋谷の「カルチャーカルチャー」にて行なわれることが先日公式HP等で発表となったが、L⇔R一連の25周年リリースに続いて、黒沢がL⇔R活動休止後にポニーキャニオンに残した3枚のソロアルバムもUHQCD仕様にて2017年3月15日に再発されることが決定した。 1998年から2002年の間に発表された『first』『B』『NEW VOICES』の3作に、ボーナストラックとして、『first』制作時に録音されたがその後ライブでしか披露されていない曲『What is this song?』の未発表スタジオ音源ほか、現在廃盤で入手困難なシングル、アナログ盤のみ収録の楽曲がそれぞれのアルバムに追加収録されることが予定されている。 また1月18日発売の武道館ライブDVDに続いて、2月8日にリリース予定のリマスターオリジナルアルバム8作の詳細にも若干の追加変更があったようだ。『Let me Roll it!』については25周年コンプリートエディションという位置付けでボーナストラックに『KNOCKIN’ ON YOUR DOOR』含む5曲のミックス違いが収録されるスペシャル盤としてバージョンアップ。『LACK OF REASON』にも『HELLO,IT’S ME』のシングルミックスが追加で収録されるなど細かな変更もあり、音質も含めて当時のスタッフおよびメンバーのこだわりが反映された再発に仕上がっているようだ。 L⇔R、そして黒沢健一の残した作品を振り返りつつ、旅立っていった大きな才能の冥福を祈りたい。