今田耕司のグラビア写真はどうしてエロくなるのか?
今田耕司が「芸人カメラマン」のパイオニアとして撮影を続けてきたグラビア連載「イマ撮り」が、ついに写真集「今田耕司が撮った13人のオンナ」(光文社刊)となって発売。「ほんまもんの美女しか撮れない男」の面目躍如で、13人のモデルたちのレベルの高さが話題となっている。このたび写真集の発売を記念して、安達祐実の夫としても知られるプロカメラマン桑島智輝と今田耕司が「FLASHスペシャル新春号」(2016年12月28日発売)で対談。「撮影あるある」が連発したその模様を今回は特別に全3回に分けてお届けする。 今田 僕なんかは「奇跡ショット」が多いので、前半のほうがいいことが多いですね。直感でパーッと撮ったときにええのが撮れて、そこから粘ったらそれ以上が全然ない、っていう。 桑島 写真は偶然撮れたほうがよかったりする。何回も同じのを撮ると、向こうも形を整えちゃうから。「ひょっとしてこういうのを求めてるのかな?」って思うと表情がそっちになって、最初のほうがよかったなあ、って。 今田 こっちがようやく「あ、この感じでいこうかな」って思ってるときに、向こうは向こうで考えてなんかやりだすと、合いかけたのがまたズレて、そこから探さないとダメなんで。だから、向こうが考える前に早めに撮れてるやつのほうがよかったりしますね。欲しい表情をもらうにはどうしてるんですか? 桑島 表情は、シチュエーションとか写真の感じを見せて、こういうシチュエーションなんだな、ってわかってもらえれば、自然にそういう表情になっていきますよね。まあ、勘が悪い人はわからないんですけど(笑)。 今田 僕が撮ってきたのはみんな素人のコではないから理解が早いですね。ストーリーとかも、説明したらなんとなくわかってくれるじゃないですか。 桑島 僕は今田さんの写真のなかでは、エロいやつが本当にいいなあと思っていて。橋本(マナミ)さんのやつとか、欲望爆発って感じで。 今田 やっぱりね、俺、エロいから(笑)。さわやかな感じだとどうしていいかわからない。そのなかで撮るのがプロですよね。僕なんかはそういうのもやっぱり写真に出ちゃうんですよ。あと、撮るほうもいろいろなこと覚えてくると、これは言っちゃダメなのかな、って思ったりして。最初は知らんから、どんどん注文したりするんですよね。 桑島 全開でガンガン出していって、あとで間引くぐらいがちょうどいいんですよ。今田さんは撮影でも最初からフルスロットルみたいな感じでいくじゃないですか。 いまだこうじ ’66年生まれ お笑い芸人 写真集『今田耕司が撮った13人のオンナ』には、芸歴30周年記念1万字インタビューも収録 くわじまともき ’78年生まれ フォトグラファー ’04年デビュー。先日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)にも出演 文・ラリー遠田