「JR SKISKI」で注目 ”フローズン男子”宮沢氷魚の魅力
毎年冬、数多くの人気若手女優を起用し、今年もCMやビジュアルが解禁されるや否や話題沸騰中の「JR SKISKI」。今年の新ヒロイン・桜井日奈子の相手役を務める、雑誌「MEN’S NON-NO」専属モデル・宮沢氷魚(みやざわ・ひお)が、早くもネット上で注目を集めている。 宮沢氷魚は、1994年4月24日に、アメリカのサンフランシスコ周辺のアラメダという町で生まれた、22歳の大学生モデル。現在の、日本の大学に編入する前は、カルフォルニア大学に通っており、自身の語学力を活かし、現在はNHK Eテレ『おとなの基礎英語』にレギュラー出演をしている。また、BS朝日『金曜日くらいは褒められたい』では初MCに挑戦するなど、タレントとしても活躍の場を広げている。 毎年、“恋愛”と“冬”を掛け合わせたキャッチコピーが話題の「JR SKISKI」。今年は「冬が胸にきた。」にキャッチコピーが決まり、CMでは、桜井日奈子演じる、奥手な女の子がゲレンデで恋をする恋愛模様が描かれている。もちろん、奥手な女の子が恋をする相手は、宮沢氷魚だ。 12/1に公開されるや否や話題沸騰中の同TVCMは、12/26現在、「目線篇」と「まつげの雪篇」が公開されている。先に公開された「目線篇」では、ゲレンデにやってきた男女4人組がスキーなどを楽しむシーンが描かれており、上手く滑れずに転ぶ桜井に「へたくそ」と冷たい言葉をかけながらもそっと手を差し伸べる宮沢氷魚の“フローズン”っぷりが描かれている。 毎年“相手役”が話題になる中、今年も視聴者からは、既に大きな反響が寄せられている。「宮沢氷魚くんの声かっこよすぎませんか!?」「今年の感想はとりあえず宮沢氷魚のツンデレでしょ」「氷魚くんの『ヘタクソ』に勝手にドキドキしてしまいます」「今年のJR SKISKIのCM宮沢氷魚でてるじゃんかめっちゃかっこいいじゃんか」「JR SKISKIのCMに宮沢氷魚くんとか最高やないか!ドキドキ(*๓´˘`๓)♥」私も氷魚くんに『下手くそ』って言われたい」「宮沢氷魚くん出てて見るたび萌える!悶える!」「JR SKISKI 宮沢氷魚使おうって言い出したの誰ですか??????アアアア全力でお年玉あげたい」「とにかく声いいね。うん!ときめく!宮沢氷魚!」「「JR SKISKIに宮沢氷魚くんが出ていることを知って一人で盛り上がる自分」「JR SKISKIのCMの男子にグッとくると思ったら…宮沢氷魚くんじゃないかー♡やっぱりこの子好き。」「JRSKISKIの桜井日奈子ちゃんの相手役宮沢氷魚!! かっこよすぎる!」「冬が胸にきた。ゲレンデ一緒に行きたいのは氷魚くんでしょ」一生に一度は味わってみたい、フローズン男子・宮沢氷魚がネット上で早くも話題だ。 <宮沢氷魚コメント> 「以前から大好きなCMで、毎年テレビで観るのを楽しみにしていました。出演が決まった時は全身に鳥肌が立って、今までに感じた事のない興奮を感じました。それだけ大好きなCMです。初CM出演という事で、緊張しましたが、それ以上に現場が楽しくて毎日充実していました。楽しい現場にしてくれた監督さんやスタッフさん、共演者の皆さんにとても感謝しています。桜井日奈子さんは、ものすごく素敵な方でした。寒い中ハードなスケジュールにも関わらず弱音1つ吐かずに頑張っている姿を見て、『自分も頑張らないと!』と思いました。たくさんの方に観ていただきたいです!」