小嶋陽菜、島崎遥香の卒業に「AKBの後輩にも、ちゃんとプロがいる」
2016年12月26日、島崎遥香卒業公演がAKB48劇場にて行われた。2009 年にAKB48 9期研究生に合格し、テレビなどで「ポンコツ」「塩対応」キャラとして一躍人気メンバーに。その後は、AKB48の活動と並行し女優としても活躍をしていた島崎。 メディアでは「塩対応」として有名となってしまったが、実は人一倍熱い気持ちを持ち、AKB48を愛していた島崎。その想いは多くのメンバーに届き、先輩、同期、後輩と様々なメンバーから愛されていた事でも有名だ。 今回の卒業公演で、多くのメンバーが島崎との別れを惜しんだが、その中でも特別な思いをツイッターにて発表したのが同じく卒業を発表している人気メンバー小嶋陽菜だ。 小嶋は「動画を見たりして思い返すと、 同期が卒業していったあとのAKBで、私はぱるるに沢山支えられてたなぁ。同じ気持ちで乗り越えてきたことが沢山あるなって改めて感じる ぱるるは、芯があって考えてる。AKBの後輩にも、ちゃんとプロがいるのがとっても嬉しかった! ぱるちゃん卒業おめでとう」と祝福のメッセージを送った。 小嶋も卒業を控え、AKB48に様々な思いがあるのだろう。今回のつぶやきは、島崎に対して、そして残るAKB48メンバーたちに対しても発信されたと思われる。 2017年は人気メンバーの卒業後、まさに第二章の幕開けとなるであろうAKB48。小嶋陽菜の卒業コンサート、公演も控え今後の動きが気になるところだ。 島崎遥香写真(C)AKS