映画「We Are X」テーマ曲 アカデミー賞ベストオリジナルソング賞対象曲に選出
ロサンゼルス現地時間2016年12月21日(水)映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences、 AMPAS)は、 X JAPANの新曲『La Venus』が第89回を迎える今年のアカデミー賞ベストオリジナルソング賞対象曲に選出されたことを発表した。 『La Venus』は、 作曲家・ドラマー・クラシックのピアニストであり、 X JAPANのリーダーでもあるYOSHIKIが、 日本の伝説的ロックバンドX JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」のテーマ曲として書いた曲である。第89回アカデミー賞の発表は2017年1月26日(日)にハリウッド&ハイランドのドルビー・シアターにて行われ、その模様はABCテレビジョンネットワークにて放送される。 最新シングル『La Venus』は、 ソニー・ミュージック・エンタテイメントのレガシー・レコーディングスより2017年初旬にリリースされることが決定した。 ソニー・ミュージック・エンタテイメントのレガシー・レコーディングス社長のアダム・ブロックは、「映画『We Are X』のテーマ曲でもあるX JAPANの最新シングル『La Venus』をレガシー・レコーディングスからリリースできることを非常に嬉しく思っています。素晴らしい映画のテーマ曲となった、 美しく、 そして力強いトラックは、今年のアカデミー賞でベストオリジナルソング賞の有力候補曲であることは間違いありません。」とコメントしている。