内田真礼 サンタ姿で新曲を初お披露目
現在最も勢いのある女性声優アーティストに数えられる内田真礼によるクリスマスライブイベント「Maaya XmasParty!!2016」が、12月25日に相模女子大学グリーンホールにて開催された。 イベント当日はクリスマスということもあって、会場にはサンタやシカのコスプレをしたファンも多く集まり、会場内はクリスマスムード一色のアットホームな雰囲気で包み込まれていた。 イベントタイトルのコールと共にスタートした1曲目『Winter has come』では、雪の降るステージにサンタ姿の内田が登場。クリスマスツリーや大きなプレゼントボックスの装飾に囲まれながら楽しげに歌うその姿に、会場は一気に盛り上がりを見せた。1曲目を歌い終えると、彼女のイベントではもはやお馴染みである構成作家・ちゃんこ氏がMCとして登場。「みなさん、真礼さんのサンタ衣装はなかなか見れないですよ!」と会場に投げかけるとと、客席からはカワイイ!といった声が無数にあがり、内田が照れる一場面も。また、来年1月11日にリリースするミニアルバム『Drive-in Theater』について、どんなアルバムか触れられると、「2016年の私が詰まったアルバムです」と語り、ファンの期待を煽った。 そのままの流れで最初のコーナー「Winter MAAYA has come」が始まると、内田は「冬のベタなシチュエーション」を可愛らしく再現するゲームに挑戦。「ケーキのクリームが顔についちゃった時の可愛い取り方」や「こたつが気持ちよくて眠くなった時のかわいい仕草」といった”冬”にちなんだお題を、時折恥ずかしそうに再現する姿には客席からは歓声と笑いが巻き起こった。 続くカバーソングのコーナーでは、1曲目にnano.RIPEの『絵空事』を披露。「ANIMAX MUSIX 2016」でアコースティックアレンジを歌って以来、ずっとオリジナルバージョンを歌いたかったと歌唱前に語った内田は、歌唱後「やっと歌えたー!」と興奮気味。その後も冬にちなんだ選曲としてアニメ「ラブライブ!」より『Snow halation』、ゲーム「サクラ大戦」より「檄!帝国華撃団」を熱唱。曲名を明かすたびに会場が揺れんばかりの大歓声が響いたこのコーナーで、会場のボルテージが最高潮に達した。 次のコーナー「Maya Xmas Game Party」では、ゲストとしてマネージャーとポニーキャニオンスタッフが家庭用ゲーム機と共に登場。真剣プレイの4人によるゲーム対戦は予想のつかない展開を見せ大盛り上がり。会場はハラハラしながらもその様子を楽しんだ。 ゲームコーナーが終わると、チョコレートケーキ風の衣装にドレスチェンジした内田が登場し、新曲『Shiny drive, Moony dive』を含む4曲を披露。特に、この日初パフォーマンスとなった『Smiling Spiral』では、「客席でウェーブを作りたい」という内田の希望にファン全員が応え、熱気の冷めやらぬステージを去って行った。 まもなくアンコールの声があがると、イベントグッズでもあるライブTシャツを着た内田が再登場。ファンへの感謝を述べると、最後はアップテンポな『ギミー!レボリューション』をパワフルに歌いあげ、多幸感溢れるままにクリスマスイベントは終了した。 なお、来年2月26日(日)には、自身2度目となるワンマンライブ「Smiling Spiral」が、代々木第一体育館にて開催されることが決まっている。