小島瑠璃子”平愛梨愛”語る「バラエティからいなくなるのは淋しい」
タレントの小島瑠璃子が、2016年度のカレンダー(ハゴロモ)のカレンダーの発売を記念したイベントが開催された。 バラエティ番組中心の活動で”バラドル”の印象が強く、今ではセクシーとは無縁のように思われがちだが、カレンダーではテレビでは見せることの無いセクシーなカットが満載だ。カレンダーを飾って欲しい場所を聞いてみると「トイレがいいですね。トイレって個室で視線がが逃げようが無いじゃないですか。座った時に私が目の前にいるんですよ。一日に絶対一回は見ますしね。トイレって家族も使うので見る場所じゃないですか。そんなに過激な内容も無いので、安心して家族の目に届くところに飾っていただいたらと思います」と話した。 クリスマスの過ごし方を聞かれると「昨日はフリーアナウンサーの岡副麻希ちゃんと2人で焼肉を食べに行きました。麻希ちゃんと初めてご飯に行ったんですけど、奮発して高いお肉を食べちゃいました。女子2人で本当に楽しかったです。今日は事務所の後輩ベックちゃんと2人でご飯します。女の子と2人ご飯のクリスマスです」と答えた。 今年度も大活躍だった小島だが、今年はテレビ出演ランキングで昨年の1位から2位になってしまった。「今年はドラマをやらしてもらったんですけど、ドラマを経験したら本数って何なんだろうと思ってしまいました。出演できるのはありがたいことですけど、ドラマのすごい長い時間をかけて現場に入ったら考え方が変わりましたね。それを知ることができたのは良かったです」と語り、「ドラマの現場は出張だと思っています。出張で新しい経験をさせてもらいましたけど、改めて私はバラドルだなと実感した1年でした」と振り返った。 「ヒルナンデス」(日本テレビ系)で共演している平愛梨と、サッカー日本代表の佑都選手との婚約について聞かれると「私は淋しく思いました。愛梨ちゃんがバラエティからいなくなるのは淋しいです。あの会見を見て違う意味で涙が出ちゃいました。たまに日本に帰って来ることがあると思うので、その時は愛梨ちゃんと一緒に仕事したいです」と熱烈な平愛梨愛を語った。