秋元康総合プロデュース、デジタルアイドルプロジェクトがグループ名、合格者決定

氏がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組み、総合プロデュースするデジタルアイドル。10月17日(月)にプロジェクト発表と共にオーディションがスタートされ、12月24日(土)に最終審査が終了した。

20161224集合絵n
全国から総勢10325通もの応募が集まり、書類、2次、3次、SHOWROOM審査、最終と数々の関門をくぐり抜け、最終的に12名が合格となった。また、その場で12名の中から暫定的に、発表されているキャラクター8名の声優が決定。あくまでも暫定での役柄が決定したということで、この先、この12名の中で変更があるのか、さらに新たなメンバーが追加になるのか、気になることを残してオーディションは終了した。

また、注目されていたグループ名もついに発表となった。このデジタルアイドルプロジェクトのグループ名は、「22/7」(ななぶんのにじゅうに)。
氏が命名したこのグループのコンセプトは、「0から1を生み出す時には、そこにないもの、まだ見えないものを信じる力が必要である。22/7は、想像の象徴だ。どんな意味を持っているのだろう? 答えは、未来にある」というもの。

さらに、グループ結成とともに新たなメインビジュアルも発表となった。

これまではそれぞれのキャラクターデザイナーが描いたキャラクタービジュアルのみが公開されていたが、この度”滝川みう”のキャラクターデザインを担当している堀口悠紀子氏が、8人のキャラクター全員を描いた絵を発表。オーディション合格発表時の集合写真をイメージしたビジュアルに、二次元と三次元、それぞれの彼女たちの姿が重なる。

合格メンバー、グループ名、新たなメインビジュアルと多くの発表があったデジタルアイドルプロジェクト。2017年、世の中に新たな旋風を巻き起こすことに期待が膨らむ。

氏 コメント】
「今回は、初めての試みです。例えば、AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46等のようにアイドルからスタートして声優になりたいという子が多い中、今回は逆をやってみてはどうだろかと思いました。声優からアイドルを作るという試みは、僕にとっても初めての経験なので、オーディションも今までとは全く違う選出をしました。本当に楽しみなグループになりそうです。」