青山ひかる 最新DVDでポロリ続発「チョイチョイ出ちゃってました」
95cmのIカップの持ち主で、猫目がキュートな青山ひかるが、12枚目のDVD『アイして欲しいの』(ラインコミュニケーションズ)を発売した。 10月に沖縄で撮影された今作は、これまでのDVDの中で最大級の衣装数を着ているそうだ。その中でもお気に入りのシーンに選んだのは「黄色の耳に黄色いビキニを着て私があらいぐまになっているシーンがあります。そこで色々なモノを洗っています。洗い疲れたらマッサージをしてもらう感じのシーンになっています」と笑顔。そんな可愛いシーンとはうらはらなセクシーなシーンについては「赤い襦袢を初めて着ました。これまで浴衣は何度も着ているんですけど、襦袢はかなり着るのが大変でした。中は下は穿いていますけど、上はノーブラなんですよ。羽織っているだけだったので、襦袢がスルスル落ちてしまってポロリは当たり前のようでした」と話した。また今作はほとんどのシーンでポロリをしていたという青山。「赤襦袢以外でもプールで撮った胸が少し隠れているだけの赤い変形水着の時は大変でした。水中に入ると水着が動いちゃうので、チョイチョイ出ちゃっていました」と明かした。 青山の2016年といえばなんといっても”お尻が汚いグラドル”で出演した「有吉反省会」(日本テレビ)が上げられる。”禊”では、青山がクローズアップされ、それまで東京でグラビアの仕事をしていることを隠していた父に初めて告白。お尻を向けて「お父さんごめんなさい」と謝罪した画がインパクトがあったが、それ以上に温かな親子愛が見られ感動の結果となった。 「(今年は)すべてがあっという間な感じでしたね。やり残したことといえば部屋の片付けくらいしかないですよ。来年は地上派のテレビでレギュラーを持って色々な番組に出て行きたいです。写真集もそろそろ出したいです」と意気込んだ。お尻については「今日は大丈夫ですけど普段汚いですよ。来年こそはキレイにしたいと思います。これをキッカケに薬のCMとかスポンサーをゲットできたら嬉しいですね」とアピールした。