ももクロが幕張メッセで「最高気温設定28℃」真冬なのに常夏ライブ
ももいろクローバーZが千葉県・幕張メッセ(4・5・6ホール)で、冬の恒例LIVE「ももいろクリスマス2016 〜真冬のサンサンサマータイム〜 」を開催した。 2日日間開催される「ももいろクリスマス2016 〜真冬のサンサンサマータイム〜」。初日の会場には超満員の20818人、全国35会場で開催されたライブビューイングには9590人、述べ30408人を動員した。幕張メッセの最高気温設定である28℃にファンの熱気が加わった「常夏」の会場で全26曲を披露した。 2010年より開催し、今年で7度目となるももいろクリスマス2016」。昨年のスキー場開催とは打って変わり、今年は、副題「真冬のサンサンサマータイム」のとおり、ライブは「常夏」をテーマに構成され、ファイアーパフォーマー「かぐづち-KAGUZUCHI-」やフラガール、タヒチアンダンサー合わせて49名がライブに参加した。 「ももいろクリスマス」での恒例行事と言っても過言では無い、クリスマスソング『サンタさん』での高城れにによるマジックショーでは、テレポーテーションを披露。高城れにに代わり、高木ブーが登場し会場を多いに沸かせると、ハワイのクリスマスソング『MELE KALIKIMIAKA』、ハワイアンアレンジされた『僕等のセンチュリー』『コノウタ』を高木ブー、そして20名のダンサーと一緒にパフォーマンス。今回は初めて、スチールパンを「ダウンタウンももくろバンド」に加え、バンドと共に16曲を常夏をテーマしたバンドアレンジで披露した。ももいろクローバーZは合わせて全26曲を披露した。 そして、MCではももいろクローバーZが子ども向けユニット「ももくろちゃんZ」として出演し、子ども達と歌やダンスで一緒に学んで遊ぶ、子ども向け知育新番組「ぐーちょきーぱーてぃー」を来年2月よりHuluで隔週放送することを発表。番組はアニメやパペットやゲームなど、子どもたちが喜ぶコーナーも盛りだくさんとなり、ひろみち&たにぞう(佐藤弘道、谷口國博)が番組の監修として参加、テーマソングのプロデュースも行うことが決定している。ももいろクローバーZの5人が「ももくろちゃんZ」として全国の子ども達に笑顔と元気を届ける新番組「ぐーちょきぱーてぃー」は今後様々な情報が解禁されていく予定。 photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z/(C)「ぐーちょきーぱーてぃー」製作委員会