GEMがサンタ衣装で「小悪魔ダンス」
12月17日、秋葉原アキバカルチャーズ劇場にて、GEMが定期公演「GEM Live Mixture 2016 ~4th STAGE~」を行った。この日、メンバーはクリスマス間近ということで、サンタに扮した衣装で登場。その可愛らしい姿に、ファンは歓喜した。 登場とともに、冬らしい楽曲『Star Shine Story』でライブはスタート。そして、冬ソングメドレーとして1部では『恋人がサンタクロース』『ウィンターマジック』2部では『クリスマスソング』『会いたいロンリークリスマス』そして『サンタさん』とカバーソングを披露。続いて、2月15日発売の『Sugar Baby』のカップリング曲で、2017年1月5日より始まる全国ツアーのツアータイトルにもなっている『夢の蕾』を、この日初めて披露した。 この曲は、GEMのメンバーが幼い頃から芸能界を夢見てレッスンを積んだ日々や、GEMになる前の研究生時代の情景を表す歌詞が散りばめられており、GEMとしてメジャーデビューした今も、夢への道を歩き続けるという内容の楽曲になっている。リーダーの金澤有希は、「GEMは皆、小さい頃からレッスンを受けていて、全員が下積み時代が凄い長くて、2014年にメジャーデビューして、今年新メンバーの西田ひらりが入って、今に至るんですが。『夢の蕾』には、GEMになるまでの下積み時代からのことが歌詞に込められていて、GEMを表した1曲といって良いほど、私達の気持ちがぎゅっと詰まった曲になっています。」と話した。 メンバーは過去の自分の日々や想いながら歌い、そしてファンは、応援してきた彼女たちとの日々を想いながら聴き、メンバーとファンとの想いが重なり、会場が一つになっていった。 最後は、2月15日発売の新曲『Sugar Baby』で、小悪魔ダンスを皆で踊り、大盛り上がりの中で公演は幕を下ろした。そんなGEMは、来年1月5日より、初となる全国ツアーを開催。 リーダーの金澤は、「2016年は、本当に変化が多い年で、それで更に気持ちが1つになって、本当に日本武道館に行こよ!って気持ちが増しました。この『夢の蕾』という曲を、ツアーで皆で育てていきたいと思います!是非、皆さんツアーで一緒に歌ってください!」と、ツアーへの意気込みを語った。