小田和正「クリスマスの約束」へ宇多田ヒカル初出演、Automaticなど披露
シンガーソングライター小田和正によるクリスマス恒例のコラボレーションライブ番組「クリスマスの約束」(TBS系)。今年は12月23日(金)の深夜 0時35分から放送される。16回目を迎える今年は、初めてとなる赤坂BRITZから実に4万人を超える応募者の中から選ばれた500名の観客と共にお届け。豪華ゲストアーティストたちとともに名曲の数々を歌い上げる。 2001年の放送開始以来、深夜帯にもかかわらず常に高視聴率をマーク。これまで2度「月間ギャラクシー賞」を受賞、さらに放送文化基金優秀賞を受賞するなど、「放送業界屈指の音楽特番」と称するに値する番組の一つと言われている。 今回が初出演となる宇多田ヒカルは、自身の名曲『Automatic』などを小田とともに披露。またこの番組を小田と一緒に支え続ける仲間たち、通称「小委員会」(小田が命名。メンバーは、小田、スキマスイッチ、根本要、水野良樹)の面々とは大瀧詠一の『君は天然色』などをカバーする。 番組初出演となる宇多田ヒカルは、2001年、初めての「クリスマスの約束」収録に際し、小田が自ら筆を取り、出演オファーをした彼女が、観客から驚きの声を持ってステージに迎え入れられる。かつて第一回目の放送で小田が一人で披露した『Automatic』を15年後のこの日、宇多田ヒカルが小田の艶やかなアコースティックギターの音色に合わせ披露するほか、計3曲を演奏。 最後は、小田が今回の収録にあたり「真っ先に選曲した」というボブ・ディランの『The Times They Are a-Changin’』を出演者全員で披露した。 写真(C)TBS