指原莉乃 仲の良いメンバーは「…2人」
12月18日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ)にヒロミ、武田鉄矢とともにコメンテーターとして指原莉乃(HKT48)が登場した。 冒頭ではAKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48の5グループから一般投票で出演メンバーの48人を決定するという、NHK紅白歌合戦出場を巡るAKB48の紅白選抜ネタ。このシステムに異論を投げかけたのは松本人志。「アッコさんもAKB入ったらAKBから出れるってこと?」と落選が話題となった和田アキ子まさかの復活があるのではとし笑いを誘った。このシステムの盲点をつくアイデアに指原は「上位48人に入らなきゃいけないから…。」とうっかり発言してしまい、東野幸治から「今毒づいた!」とツッコまれる場面も。 「ピコ太郎ハラスメント」騒動で忘年会の話題になると、AKBには忘年会や新年会はあるのかという質問が。これに「しないですね」と回答した指原に対し、松本人志の「全然仲良くないもんね」といった切込みがあると、指原は「え?仲いいですよ。ホントに」と不仲説を全否定。しかし、「何人仲いいの?」と続く質問には、「…2人」と回答しスタジオを沸かせた。 番組中に発表された年間タレント出演ランキングでは女性4位に輝いた指原莉乃、その原動力は「バランス感覚」と分析されていたが、その通り政治問題では発言を控え、笑いを期待されるパートでは見事それに応えるなど、今年最後のワイドナショー放送もバツグンのバランス感覚で締めくくった。