SKY-HI、武道館へ向け「これから先も命賭けて向き合っていく」
9月20日福島を皮切りに全国20箇所21公演をまわった「SKY-HI LIVE HOUSE TOUR 2016~Round A Ground~」が遂に終演を迎えた。12月15日(木)「SKY-HI LIVE HOUSE TOUR 2016~Round A Ground Tokyo Final~supported by MUSICA」と題し、UVERworldとの対バンライブにて日本武道館公演をサプライズ発表し、12月16日(金)にはクリープハイプとの対バンで、会場に駆け付けた3000人のファン圧巻のツアーファイナルを飾った。 今年は本人にとって濃い一年となった。喉の手術や苦悩を乗り越え、数々のライブやフェスに出演。ツアーのファイナルでは最高のライブを繰り広げた。「全ての人に愛を持って接しよう」とクリープハイプのファンへも感謝を伝え、SKY-HIが会場をロックすると、夏のフェスでも盛り上げてきた『ナナイロホリデー』や12月14日にリリースされたばかりの『Double Down』を歌唱すると、会場は大盛り上がりをみせた。 ライブの途中では、本人の真骨頂である高速ラップや3期連続でテーマソングを務める人気番組でフリースタイルバトルブームの火付け役となった「フリースタイルダンジョン」のエンディング曲も披露。SKY-HIファンのみならずクリープハイプファンも魅了。ライブの最後には、「これから先も命賭けて向き合っていくから、武道館まで、その先もずっとついてきてくれますか?」と伝えると、ファンからは大歓声が上がり、ライブを終えた。 写真/ハタサトシ