大塚愛の新曲に「私は今」という重要なキーワード
大塚 愛が2017年1月からスタートするフジテレビ系ドラマ木曜劇場「嫌われる勇気」の主題歌を務めることが発表されたが、この新曲『私』が来年2月15日(水)にシングル発売されることが決定した。 このドラマは、2013年の発売以来、各界で話題を振りまき、大ベストセラーとなっている「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社)を原案とした刑事ドラマ。主演に香里奈、さらには加藤シゲアキ(NEWS)、椎名桔平ら豪華キャストが集結した。 過去や未来、他人の評価に捉われず「私をもっと生きよう」というテーマで制作された新曲『私』は、他人から嫌われることをいとわず、自由に自分の人生を全うするがごとく生きる、香里奈演じる主人公・庵堂蘭子の気持ちを表した楽曲となっている。 <大塚 愛 コメント> 聞き終わった後に、“明日も頑張ろう”と強い心を持てるような楽曲を目指しました。香里奈さん演じる蘭子さんの凜(りん)とした姿に、背中を押されるような女性がたくさんいたらいいなと思います。ドラマの最後に似合うものというオーダーをいただいていましたので、ウォーキングのテンポに合いそうな、一歩前に踏み出したくなるような、そして背中を押されるような力強い曲調をイメージしました。 主題歌を聞いた主演の香里奈は、「メロディーがきれいで、すごく耳に残りました。歌詞も、蘭子の性格や気持ちを良く表していただいていて、勇気を与えてくださるようなメッセーシを感じました。聞けば聞くほど、もっと聞きたくなるような楽曲です」と感想を語った。 ドラマプロデューサーは、「最初に聴かせてもらった瞬間から、ひとりの女性がズンズン迷いなく前に進んでいくような力強さを感じると同時に、どこか不思議な浮遊感に包まれるような感覚を覚えました。香里奈さん演じる主人公・庵堂蘭子は自分のことを多く語るタイプではありませんが、この曲を通して彼女の内面の強さや弱さが伝わるのではと思います。「私は今」という、アドラー心理学においても重要なキーワードが印象的なこの曲が、ドラマの中でも日常の他のシーンでも、常に「今、私が」前向きに生きる勇気をもらえるような応援歌になるはずです」と、主題歌を絶賛した。 そして、カップリング曲には、先日発表されたばかりの、五感で巡る花の体験型デジタルアート展「FLOWERS by NAKED 2017 —立春—」のテーマソングとなる『サクラハラハラ』が収録される。更に書き下ろしの新曲1曲を含んだ全3曲入りの内容。 大塚 愛、約2年9ヶ月ぶりとなるシングルは、現代の女性の力強く前に進んで行く姿と美しさを描いた、今の大塚らしい作品となりそうだ。