きゃりーぱみゅぱみゅ 初となるアートワーク展への想い語る
2016年は、きゃりーぱみゅぱみゅにとってデビュー5周年のアニバーサリーイヤー。これを記念して、今年は“日本の元気をさらに世界に伝えること”をテーマに、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内の「クールジャパン2016」で開催されたアトラクション「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」の制作をはじめ、初のベストアルバム「KPP BEST」のリリース、3度目となるワールドツアー「KPP 5iVE YEARS MONSTER WORLD TOUR 2016」の開催、海外アーティストとのコラボレーション、初となるアートワーク展の実施など、様々な企画に挑戦する“5つのたくらみ”を進めてきた。 この“5つのたくらみ”のひとつ、アートワーク展「KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016」がラフォーレ原宿で12月16日(金)から25日(日)まで開催される。 これまでリリースした全18タイトルのCDジャケットデザインをはじめ、CDアルバムに付属のフォトブックから未公開画像を含む約100点以上の作品や、CDジャケットで本人が着用したコスチューム、ウィッグを一挙に展示。さらに、ジャケット写真が動き始めるインタラティブな体験スペースも設置するなど、今や世界中で認められるアート性の高いきゃりーぱみゅぱみゅの世界観を、「見て」「感じて」楽しめるユニークな企画展に仕上がっている。 本展覧会のクリエイティブディレクターを務めるのは、2011年のデビュー当時よりきゃりーの作品のアートディレクターを務めてきたSTEVE NAKAMURA氏。きゃりーの5年間の集大成にして、NAKAMURA氏のアート作品展でもある本展覧会の開催に先駆け、12月15日(木)にきゃりーとNAKAMURA氏を招いたメディア内覧会が開催された。 内覧会では、きゃりーがこれまでのアート作品を振り返り、「初期作品の自分を見ると、目が凄くとんがっている印象を受けました。最新のアートワークは、表情が丸くなっている気がしますね」と激白。一番印象に残っている作品については、デビューミニアルバムで「ミュージック・ジャケット大賞2012」にも輝いた「もしもし原宿」を挙げ、「原宿で大きな広告になったとき、見た人から怖い!気持ち悪い!と言われましたが、「しめしめ」と思いました(笑)。ビジュアルが目にとまり、どんな音楽かな?と興味を持ってもらえたので良かったです」と語った。 トークセッションでは、NAKAMURA氏が今回の展示物について、「CDジャケットだった作品を、今回の展示のために1m〜3mのサイズに引き延ばしてみたのですが、大きくして見たとき、こんなに細かいところまでこだわって作っていたんだなと改めて思いました」と語ります。「5年間で作った作品は、どれか一つがきゃりーの世界を表すのではなく、全て合わせてきゃりー。展示されている作品の全体像を通して、改めてきゃりーの世界観を楽しんでもらいたいです」とメッセージを残した。 また、今回のアートワーク展の開催を記念して、過去のフォトブックの未公開画像を含む、約300点の作品を掲載したビジュアルブックも好評発売中。作品だけでなく、企画書や撮影中のオフショットなど、製作プロセスが記された一冊となっており、きゃりー自身も「最強のアートワーク本」と豪語する一冊に仕上がっている。アートワーク展会場とKPP WEB STOREでは、特製ブックカバー付きスペシャルパッケージのビジュアルブックが12月16日(金)より数量限定販売されるので、こちらも是非注目だ。 ライブレポート:藤原純伶 写真:Yasushi Mori <アートワーク展概要> 「KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016」 ・開催場所:ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F) ・開催期間:2016年12月16日(金)~25日(日) ・営業時間:11:00~21:00(12/25は18時までの営業となります。) ※混雑状況によってはご入場いただけない場合がございます。 ・展開内容:今年でデビュー5周年のきゃりーぱみゅぱみゅ。これまで18作のCDをリリースし、それらのCDジャケットは、全てが唯一無二の存在感で、アート性の高い世界を表現し続けてきました。今回、過去のきゃりーのアートワークを一挙に体感出来る展示イベントを開催。 ・入場料:800円(未就学児無料) ・主催:アソビシステム株式会社/株式会社ワーナーミュジック・ジャパン