佐野真彩「RIZINガールになりました」2016年締め括りは伝説の美脚を堪能
171cmのスレンダーボディと絶品くびれにスラリと伸びた美脚で、レースクイーンとしてカリスマ的人気を誇り、現在はグラビアアイドル、タレント、キャスターなど、幅広く活躍している佐野真彩が、12月29日・31日のさいたまスーパーアリーナで開催の、格闘技イベント「Cygames presents RIZIN FIGHTING WORLD GP2016」のラウンドガール「RIZINガール」に選ばれた。 14日に自身のtwitterに「RIZINガールになりました!投票してくれた皆さま、ありがとうございました!!!」と喜びのツイート。DMM.YellやSHOWROOMなどを介し、一般ユーザーからの投票も選考のカギとなり、ファイナリスト34名の中から精鋭7名の中に選ばれた。佐崎愛里や安田七奈のレースクイーン仲間からも「おめでとう( ¤̴̶̷̤́ ‧̫̮ ¤̴̶̷̤̀ )なると信じてた\\\\٩( ‘ω’ )و ////」などの祝福を受け、ファンからも「まぁやんおめでとうございます。願いがかなって良かったですね。」「本当におめでとうございます!年末が楽しみです」「まぁやんのがんばりを見てくれている人がやっぱりいたわけだね。ファミリー全員大喜びだよ」「さすがだー!!!まあやんおめでとう(*´∇`*)」などなど温かい祝福の言葉に包まれ、いつものほんわかした笑顔が、さらに緩んでいるのではないだろうか? 佐野は「東京ゲームショウ2016」でもXperiaブースのセンターポジションで、“世界一に似合う”と言われているゴールドのコスチュームを纏いキャンペーンコンパニオンを務め、佐野見たさにブース前が人で埋まったほど。その端整な顔と癒しの笑顔、そして麗しの美脚と、イベントの華としては最高峰の実力を持つ。2016年を締めくくる大イベントにも、緊迫の空気を一時的にでも和ませ、華やかにする「RIZINガール」として、さらなる“さのまや伝説”を大いに期待したい。 写真およびコメントは佐野真彩公式twitter(@sano_maya)より。