サザン原由子 のソロ曲136曲が一挙配信スタート
サザンオールスターズの原由子のソロ楽曲が、今年の自身の誕生日翌日となる12月12日より、主要配信サイトにて一挙に配信開始となった。 原坊の愛称で、ファンから親しまれているサザンオールスターズの紅一点であり、キーボーディストの原由子。81年4月にシングル『I LOVE YOUはひとりごと』、アルバム『はらゆうこが語るひととき』を同時に発売して以降、これまでにアルバム6枚、シングル15枚など、ソロ作を数多くリリースしてきている。 最近では、2011年にアルバム『ハラッド』をヒットさせて以後は、新作が出ていないだけに、原由子ファンにとっては、今回の配信開始のニュースは朗報。もちろん、近年サザンオールスターズや桑田佳祐のファンになった新たなファンにとっても、原由子のソロワークスに触れてみる絶好の機会。温かく、そして優しく包み込んでくれるような、原由子の歌声を堪能していただきたい。 今回配信開始となったのは、前述の6枚のアルバム(全104曲)、15枚のシングル(全30曲)に加え、配信限定シングルの『ウルワシマホロバ~美しき場所~』、さらに原由子がピアノトリオバンドの風味堂とコラボし、〝ハラフウミ〟名義でリリースしたシングル『夢を誓った木の下で』に収録された3曲も含め、延べ136曲。また、2011年リリースの『ハラッド』には、ソロ作に加えサザンオールスターズの楽曲の中で原由子がリードボーカルをとっている曲も収録されている。 そういった意味では、今回の配信によって、改めて作曲家、作詞家、ボーカリスト、そしてもちろんキーボーディストとして、音楽家としてのさまざまな側面を味わうことができる、ということもできそう。 久々のソロ活動にも期待したいところだが、そこは欲張らず、まずはこの配信で原坊ワールドを改めて、今一度楽しむこととしよう。