ピコ太郎最新作『PLLP』の誕生秘話
2017年、創刊35周年を迎える「週刊ザテレビジョン」WEBサイト特設ページにて、ピコ太郎の『PPAP』最新作、リンゴをレモンに持ち替えた『PLLP』関連3動画を公開している。 Youtubeが発表した2016年動画ランキング「トレンド動画」部門で、世界2位にランクインしたピコ太郎。 累計再生回数1億回突破目前の『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』で一躍スターダムにのし上がり、超多忙なスケジュールのなかピコ太郎が公開した『PPAP』最新作が、「ザテレビジョン」とコラボした動画『PLLP(ペンレモンレモンペン)』だ。 このスペシャル企画は、12月12日発売の「週刊ザテレビジョン」お正月超特大号にピコ太郎が登場することから実現したもの。 今回は、このコラボ動画誕生の瞬間となった取材秘話をお届けする。 来年、2017年に創刊35周年を迎える「週刊ザテレビジョン」のシンボルは、表紙を飾るタレントが手に持つレモン。今回編集部が、ピコ太郎側にオファーしたのは、インタビューのほかに、リンゴをレモンに持ち替えた「レモンペン」動画。 取材当日、現場に向かったのは本誌編集長と担当編集者。限られた取材時間で、企画が実現できるか不安がよぎる編集部員があいさつすると、「あ、ザテレビジョンさん。レモン持ちましょうか?やっぱりザテレビジョンさんと言えば、表紙はレモンですよねー」とピコ太郎。さらに、ザテレビジョンのCMも覚えていたそうで、「ザテレビジョーン♪」とその場でサウンドロゴを口ずさんでくれたという。 この一言で場が和み、編集長がすかさず本人に、リンゴをレモンに持ち替えた「レモンペン」パフォーマンスをオファー。すると、ピコ太郎が「レモンペン同士をつなげたラストは、(ペンレモンレモンペンではなく※編集部補足)『ザテレビジョ~ン♪』となるのはどうでしょう?このペンには、“記事を書く”ペンという意味もこめましょう」と逆提案。編集長もすぐに「それでいきましょう!」と即答し、ピコ太郎のアイデアで『PLLP』が誕生した。 この取材で、完成した『PLLP』関連動画は3本。『PPAP』最新バージョン『PLLP』のほかに、トークを交えた『PLLP』バージョン。そして、12月12日12時に公開された『特製レモンペン立てプレゼント』バージョン。 この“特製レモンペン立て”は、ザテレビジョン編集部が「ペンがレモンに実際に刺さる」というコンセプトで作成。ペンが果物に刺さるというピコ太郎の世界観を具現化した“レモンペン立て”を実際に手にとったピコ太郎は「うわ。よくできてますねー。うん!」と笑顔で、ペンを刺したり抜いたりその使い心地を試していた。 特製“レモンペン立て”は、「週刊ザテレビジョン」お正月超特大号のお年玉企画として抽選で読者にプレゼント。さらに、この“レモンペン立て”は、「いくらでも書きますよ!」と腕をふるったピコ太郎の直筆サイン入り。詳しくは「週刊ザテレビジョン」お正月超特大号の誌面に掲載される。 創刊35周年イヤー突入!『週刊ザテレビジョン』 特設ページ http://thetv.jp/feature/35th/