指原莉乃、ぱいぱいでか美と「ももち」芸能界引退発表を悲しむ
多くの芸能人が毎週、様々な問題を反省しに来る人気番組「有吉反省会」(日本テレビ系)。12月10日放送にゲストコメンテーターとして登場したHKT48指原莉乃。MCの有吉より「指原さんが憧れるももちさんが、芸能界引退を表明」と話を振られると「歌もダンスも上手だし、なのにグループを売るためにバラエティーで一生懸命…過剰にね」と笑いも交えながら、嗣永桃子のここまでの活動を賞賛すれば、ももちの大ファンとして知られる、ひな壇に座っていたぱいぱいでか美は「いまもホント、ちょっと頑張らないと泣いちゃいそう」と涙ぐむ一幕も。あまり興味がなさそうな有吉だったが、ハロプロを愛する二人がしっかりとももちを褒め称えた。 番組では、反省人として、フリーアナウンサーの望月理恵が占いにハマりすぎていることを反省。 また、シンガーソングライターのTEEは様々な物を顎に乗せる特技があると話すが、本業はミュージシャンのはずなのになぜかバラエティー臭がプンプンと。指原も「毎回勝手にクソスベっている」と他局で一緒に番組をしていた頃のエピソードを話し笑いを誘った。この特技、実はさほど上手ではないということが判明し、「禊ぎ」として、顎乗せを猛特訓させられることに。 結果、健康ランドでしっかりと顎乗せの大道芸を披露し大絶賛を浴びた。