ウルトラIカップ柳瀬早紀 進化した”やなパイ”はヤバい
”やなパイ”の愛称で親しまれ、100cmのウルトラIカップが魅力の柳瀬早紀が、2nd写真集『wet.』(KADOKAWA)を発売。記念イベントが、東京・神保町で開催された。 イベントには今にもI乳が弾けてこぼれそうなビキニで登場するが、ウエストはキュッと締まっていて、これまでと違ったセクシーな体型に変身。「今年の1月にダイエット宣言をしまして、6キロ痩せました。胸のサイズはそのままで、ウエストはしっかり細くなりました。私は食べないダイエットは無理で、しかも歩いたり走ったりすることも胸が揺れてダメだったので、基本的に筋トレをメインにやっていました。食事は夜だけ炭水化物を抜いて、朝と昼は普通に食べていたんです。即効で痩せることは無かったですけど、マイペースでやってしっかり痩せました」と喜んだ。 そんな引き締まったボディで撮影された写真集は、9月にタイ・サムイ島でロケ。「タイトルが『wet.』で濡れるという意味なので、全体的に”濡れる”をテーマに撮っていて、これまでと違った私が見れると思います」とアピール。お気に入りのカットは「大人っぽい感じの紫のランジェリー風水着を着ていまして、真ん中の谷間の部分を少し切っているんですよ。”やなパイサイズ”に加工して、ギリギリなところまで見せています。このカットはベッドで撮影をして、しかも髪の毛をちょっと濡らして、私的に一番大人の雰囲気が出ているカットだと思います」とコメント。 ”やなパイ”的に一番の濡れを紹介してもらうと「表紙になっているカットで、プールサイドに仰向けになって寝ているところをドローンを使って上から撮っているんです。爽やかそうに見えて、撮影はかなり大変でした」と明かした。 これまでにない初体験をたくさんやって出来上がった写真集だが、次なる写真集のプランもしっかり考えているという柳瀬。「お菓子とか甘いモノに囲まれて、スイーツとかアイスを食べて、可愛い水着を着て撮りたいです」と女子力高め。2016年はデビュー2年目としして、充実した1年を過ごした柳瀬。「来年はグラビアだけではなくて、演技やバラエティにも進出して色々な方面で頑張っていきたいです」と意気込んだ。もともと女優志望だっただけに、今後の演技での活躍に大いに期待したい。