YOSHIKI、2万1千人が見届けたYOSHIKIクラシカルツアーで「僕は世界一素敵なファンに恵まれた」
2016年12月8日、東京公演最終日を迎えた「YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL WORLD TOUR 第二弾」。 5日大阪城ホール、6、7、8日の3日間は東京国際フォーラムで行われてきた日本公演のファイナルは、観客動員数21000人、全公演ソールドアウトの大盛況。老若男女問わず様々な世代が集まった今回のクラシカルツアーは、まさに年明けに控えるニューヨーク・カーネギーホール公演の「前哨戦」に相応しい盛り上がりで幕を閉じた。 背景の大きなビジョンに映し出されるのは、「X JAPAN」というグループが、そして今この瞬間を生きている「YOSHIKI」という一人の人間がここにくるまでの物語。生い立ちやグループ結成当初の懐かしい映像にのせて奏でられるYOSHIKIのピアノとオーケストラの優美な調べで堪能できる。 曲と曲の間には、その楽曲の制作秘話などユーモアを交えたトークで観客を笑わせたりと、普段は聞けない裏話を披露し客席を和ませる一面も。YOSHIKIの生の声に触れられるライブならではの醍醐味も十分に味わう事のできた3時間にわたる公演は、48名のオーケストラ部隊に加え、ゲストとして招いたボーカリストのKatie、オペラ歌手の小川里美、そして最終日にはヴァイオリニストの川井郁子がステージに花を添え、観客の感動を煽った。 「グループが解散したあの頃を思うと、今こうしてここに立っている事が信じられない。それはすべてファンの皆さんが支えてくれたおかげです。これは皆さんに与えてもらった第2の人生。」観客に向けて感謝の思いを投げかけてきた今回の日本公演。「僕は世界一素敵なファンに恵まれたアーティストです。」最終日のMCでこう語った彼の言葉は、ファンにとっても最高の宝物になった事だろう。 12月29日の香港公演を経て、2017年1月12日、13日、いよいよ一行はニューヨークの地へ降り立つ。 「日本人として海外で勝負がしたかった。」と語るYOSHIKIは、カーネギーの舞台でも、和を意識した演出を考えているようだ。耳の肥えたクラシック好きが集まる聖地で、今度はどんな仕掛けを見せてくれるのか。さらに来春3月にはX JAPANとしてロンドン・ウェンブリーアリーナでの公演も控えており、2014年のマディソン・スクエア・ガーデンに続いて、次は英・ロックの殿堂へ。2017年もますます加速していくであろうYOSHIKIの挑戦から目が離せない。 YOSHIKI CHANNELhttp://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial/blomaga/ar1149776