M-1王者の銀シャリ、初契約でいきなりドッキリ
漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2016」にて見事に王者となった銀シャリ。 優勝コンビへの副賞のひとつとして「日清のどん兵衛」のパッケージを飾ってもらう権利が与えられるのだが今回、M-1グランプリの「首領(どん)」として銀シャリの名誉を称え、日清食品の看板商品である「日清のどん兵衛」の魂とも言うべき「どん」の文字に二人が抜擢。 撮影は優勝直後の12月4日(日)深夜に大急ぎで行われた。当初はどん兵衛のパッケージの「顔」として登場をするものだと思っていた二人。しかし、実際はまさかの文字部分担当に!緑の全身タイツ姿でいきなり体を張る「ドッキリ」を仕掛けられた。 銀シャリがパッケージに登場するM-1グランプリ2016優勝副賞どん兵衛「M-1のどん」は2017年1月中に発売予定。 【銀シャリ コメント】 「優勝してパッケージって、文字の方ってマジっすか?顔が出ないじゃないっすか!?こんなにイメージと異なっていていいんですか!日清さん! びっくりしましたけど、伝統ある「どん」の文字になることができてめっちゃ“アゲアゲ”な気分です!僕らの親戚中が買い占めてしまう前に、ぜひ皆さまも手に取ってみてくださいね。1つだけ、我々コンビ名が銀シャリなので、「うどん?!米?!どっち?!」と皆さまが混乱しないことを祈るばかりです。」