May J.冬の京都で舞妓姿に 撮影の嵐も本人と気付かれず
12月4日 6:30から日本テレビ、7:00から読売テレビで放送された紀行番組「遠くへ行きたい」にMay J.が初出演。冬の京都を紹介した。 番組でMay J.は、舞妓の御用達だという老舗美容室で髪結いと化粧をしてもらい、本格的な舞妓の姿に変身。化粧や髪結いに三時間以上の時間がかかったとのこと。初めて舞妓の姿になったMay J.は「初めての舞妓姿になれたことはもちろん、舞妓の方々とお話する機会も頂き、おもてなしの精神にとても心打たれました」と、感激。舞妓姿になったまま街を歩くと、京都観光に訪れた観光客の方々から写真撮影の嵐。しかし、ほとんどの方が、この舞妓さんがMay J.だと気づかなかったとか。 番組では、鴨川を散歩し、楽器を弾く外国人たちと共に『レット・イット・ゴー~ありのままで~』をセッションしたり、京都大原三千院では、日本の歌のルーツとされる「声明」(しょうみょう)に触れ、その荘厳な様に感動し自ら歌を披露するなど、冬の京都を「歌」を通して伝える、歌手May J.らしい出演となった。