山田菜々 映画に意欲「よしもとの石原さとみ」目指す
元NMB48のメンバーであり、現在はタレントとして活躍中の山田菜々が、2106年度のカレンダー(ヨシモトブックス)の発売した。 このカレンダーは、8月に発売された写真集「nanairo」より未公開カットで構成され、これまで見せたことのないセクシーなカットも多く、写真集を見ていない人も楽しめる嬉しいカレンダーとなっている。 一番のお気に入りのカットには11月・12月のカットを選び、「紫のボンテージのキュッと締め付けられるようなタイプの衣装で、かなりセクシーに仕上がっています。12月が一番好きな月でもあるので、一番のお気に入りに選んでみました」と話した。重要な飾る場所については、「去年はトイレに飾って欲しいって言ったんですけど、今年は玄関に飾って欲しいです。出かける時と帰ってきた時に私を見てもらいたいですからね」と答え、笑顔。 12月にも入り、囲み取材での衣装もサンタクロースコスチュームで登場し、気合充分の山田だが、予定を聞いてみると「12月25日に大阪で、このカレンダーの発売イベントがあるんですよ。イベントが終わったらNMB48のれいにゃん(藤江れいな)と遊ぼうと思っています。去年のお正月も一緒で、大切な日はいつもれいにゃんと過ごしています」と笑顔で答えた。 2016年を振り返った山田は、「初めて映画の主演をやらしてもらいました。来週に公開される『マスタード・チョコレート』という映画なんですけど、私はずっと石原さとみさんみたいな女優になりたかったので、これから”よしもとの石原さとみさん”になりたいと思っています」と堂々アピールした。 来年の目標を聞いてみると「また映画をやってみたいです。誑かす小悪魔みたいな女性役をやってみたいです。プライベートでは小悪魔にはなれてないんですけど、私の小悪魔の先生は相席スタートのケイさん(山崎ケイ)なんですよ。ケイさんの場合は私より上にいっていて下ネタ寄りなんですけど、そういうのも時には使えるようになりたいです」と意気込んだ。