仮面女子新曲がW Asideシングルに 2年ぶり1位へ視界良好

年明け1月3日にリリースされる最強の地下アイドルグループ「」の通算4枚目のシングルが、『仮面大陸〜ペルソニア〜/ISUMI〜四季彩の街〜』の両A面になることが1日、わかった。

鳥が海を泳ぎ、魚が空を飛ぶ‥あり得ない夢を叶えるのが。「仮面大陸〜ペルソニア〜」は“夢の地”という造語だ。一方、「ISUMI〜四季彩の街〜」は風光明媚な千葉県いすみ市の素晴らしさをうたったご当地ソング。は、同市の太田市長から「萌え大使」に任命されている。

前作で、2015年元日発売のシングル『元気種☆』が20万枚位以上の売上を記録し、インディーズの地下アイドルとしては史上初のオリコン1位に輝いた。V2を目指すのリーダー・桜のどかは2つの楽曲について、以下のようにコメントしている。

kamen

【仮面大陸~ペルソニア~について】
「私は初めてこの曲を聴いた時、不思議な温もりに胸がいっぱいになりました。幸せな夢をみている時の何か包まれるような、ふわっとした感覚を感じました。私達は芸能界に憧れ、しかし厳しい現実に一度は夢破れ消えゆく存在でした。しかし、どうしても夢が捨てられず、として生まれ変わり毎日毎日泥水をのんで必死で前だけを向いて来ました。
そして今、夢を少しずつ叶えようとしています。ペルソニアは、夢を本気で叶えようと諦めず努力してきた者にしかいけない夢の地。自分を信じ続け、涙をたくさん流しただけ、夢は夢ではなくなり現実となる!この曲は私達自身、そして私達を応援してくれている皆様、夢に向かって頑張っている全ての方へのメッセージソングです。」

【ISUMI~四季彩の街~について】
「この曲は千葉県いすみ市のイメージソングです。この曲を聴いただけで、いすみ市に行きたくなる!そして、一度行ったことのある方は、その美しい街、海の景色が目に浮かぶでしょう。四季折々どの季節も楽しめるいすみ市。私はいすみ鉄道に乗ったことがありますが、春の菜の花畑の中を走る列車はこの世のものと思えない美しさです。食べ物も新鮮で美味しく、自然豊かで心癒される。そんな四季彩の街をこの曲で感じてもらいたいです。」