天木じゅん×和地つかさ×RaMu 低身長巨乳トリオに熱視線
「アメトーーク」がパイオニアとして今でも人気を博す、ある共通のカテゴリを集める手法。「家電芸人」「iphone使いこなせてない芸人」などなど伝説の企画も多数生まれたが、グラビア界でいま注目なのが「低身長巨乳グラドル」。 集英社のインタビューで実現した、背は低いのにド迫力バストの持ち主は、2次元ロリ巨乳の天木じゅん、煩悩カップ”わっち”こと和地つかさ、そして彗星のごとく現れた、戦慄の変顔でも話題のショートカット前髪斜めなRaMuの3名。なんと全員が148cmというミニマム身長ながら、たわわ過ぎるバストはHとIカップという、まさに「グラビア界の”ミニモニ”」だ。「チチモ二」と命名したナイスなセンスのファンもいる。 バスト90cmHカップのRaMuは自身のtwitterで「チビあるあるから巨乳あるあるまで沢山話せて楽しかった」と感想をコメント。同じく90cmHカップの和地は「本当!ロリ巨乳!!!!時空が歪んでるぐらい私だけ大人な気がする←」「わたしのミセス感やばい。新妻感というか、ミセス感。」と自身だけ年上に見えてしまうことを憂いでいる。95cmIカップの天木は3人でヘドバンして荒ぶる画像を上げて嬉しそうだった。 ファンも「みんな胸の膨らみがすんばらしい」「俺の好きなヤーツです」「どうしてそんなに大きくなっちゃったんですか?」「天国画像あざます!」などなどいずれのファンも絶賛のコメントだ。 「低身長巨乳グラドル」対談の詳細は明らかになっていないが、3人が公開したのはどれも可愛い衣装に身を包んだものばかり、もちろん水着姿の3人も見られると期待が膨らむ。是非心待ちにしたい。これから「148cmの女性、大体巨乳説」なんて「水曜日のダウンタウン」ばりの”定説”が作り上げられるかもしれない。グラビア界に新しいユニットの誕生だ。 天木は12月3日(土)にDVD『二次元カノジョ』(双葉社)の発売記念イベントが秋葉原で、和地も同日12月3日に、こちらは写真集「towel.」の記念イベントが神保町で、そしてRaMuは12月23日(金・祝)に3rdDVD『RaMu Story♡』(イーネット・フロンティア)のイベントが秋葉原でそれぞれ開催される。ぜひ3つのイベントを制覇して「低身長巨乳」の魅力にふれていただきたい。