AKB48倉野尾成美「AKB48は顔じゃなくて努力」力説し涙
AKB48メンバーが出演するバラエティー番組「AKBINGO!」(日テレ)。11月29日放送では、先週に引き続き、AKB48メンバーが1週間で一芸を習得できるかにチャレンジ。 中西智代梨は、マジックに挑戦。トランプを使ったマジックをしっかりと成功させ、メンバーから大絶賛を受ける。しかし、なぜかMCのウーマンラッシュアワー村本にはハマらなかった。 樋渡結依はウーマンラッシュアワーの「バイトリーダー」漫才を完コピ。これには村本も終始笑顔。相方を務めたウーマンラッシュアワー中川パラダイスも間のとり方に大絶賛した。 福岡聖菜はピアノ、トランペットで「恋するフォーチュンクッキー」を一人で演奏するというチャレンジ。不安しかないVTR明けで、なんとか演奏を無事に終え最後はトランペットとピアノを一緒に弾きメンバーから大絶賛。 しかし、先週から「可愛さ」で1位を守り続ける小栗有以を誰も抜けず。小栗を贔屓する村本に倉野尾成美は「AKB48は顔とかじゃなくて努力だと思うんですよ」と涙しながら訴え、村本もその涙に改心し順位をしっかりと付けるようになる。 最後は、AKB48の歌姫でもある小田えりな。洋楽カラオケで95点以上という難易度高めのチャレンジ。楽曲はカーリー・レイ・ジェプセン。紙にしっかりと自分なりの発音を書き覚え込み覚えるマジぶり。しっかりとした歌唱で歌いきったが残念ながら92点。しかし、あまりの歌の巧さにメンバーも大興奮。 結果は、最終的にやっぱり「小栗ちゃんが好き」という村本の意見で小栗有以が優勝することになった。 写真(C)AKS