小池美由 移籍第一弾シングル発売決定「予算がちがう」
数多くのテレビやラジオ番組に出演中で、今話題沸騰中のマルチアイドル小池美由がレーベルを移籍し、第一弾となるシングル『恋する二人は』を2017年2月8日に発売することが明らかになった。 バラエティ番組やCM出演などで世間より注目され、一昨年、シングル『宇宙かくれんぼ』でメジャーデビュー。その後2ndシングルをリリースし、通算3枚目となるシングルは徳間ジャパンコミュニケーションズ移籍第一弾作品となり、来年2/8に発売を予定している。 同作は、4人組ロックバンドOKAMOTO’Sのギタリスト、オカモトコウキ氏が作詞・作曲・プロデュースを担当。ミュージシャンもドラムにハットリクミコ(シナリオアート)、ベースにハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、キーボードアンドギターに八木類(Czecho No Republic)など、そうそうたるメンバーが参加し、これまでの“アイドルソング”から一変、メロウ&キャッチな脳内ループ確実な楽曲に仕上がる予定。またカップリング曲『ひとりごと』は小池本人が作詩を手掛け、アーティストとしての一面も覗かせている。作品は全3タイプの発売となるが収録内容は共通で、ジャケット違いとなる。 小池本人は同作に関して、「アイドルをはじめて4年が経って小池はあんまりかわってないけど大人はかわった。なぜなら今までのシングルよりも予算がちがう、人材がちがう、規模がちがう、それはステージじゃない!箱馬だ!!!!!!!!!でもそのおかげでいろんな人に出会えてとてもうれしい。なかでもコウキくんははじめてみたとき、女の子かと思うくらいかわいかった。ハマくんはおもしろそうな顔! コウキくんはかわいいだけじゃなくってとても素敵な曲と詩を作ってくれて、小池が好きな感じやイメージを伝えたわけでもないのにすごく好きな感じに出来上がってて勤労感謝の日。ハマくんもおもしろそうだけじゃなくってベースがとっても上手ですごくかっこよかった!ドラムのハットリさんもギターの八木さんもいっぱい練習しててくれたのかと思うととってもうれしくて、これは小池がんばって売らなきゃだなと思った。小池だから手に入れたいシングルではなくて、小池のうたうこの曲だから手に入れたいって思ってもらえるよ!」と気持ちの入ったコメントを発表。都内をはじめ、主要都市などで発売イベントも開催を予定している。