MAN WITH A MISSION ニューシングルリリース&ツアー発表
MAN WITH A MISSION、最新アルバム『The World’s On Fire』のツアー追加公演が11月26日、27日とインテックス大阪公演で開催された。 関西地区でのMAN WITH A MISSION史上最大動員となった二日間述べ20,000人を超える集まったファン達の前で、来年2017年1月25日にニューシングル『Dead End in Tokyo』のリリースを発表。また、そのシングルのリリースツアー『Dead End in Tokyo TOUR 2017』の開催も発表された。2017年3月3日Zepp札幌公演を皮切りに、4月1日のマリンメッセ福岡公演まで全7個所、2マンでの対バン形式で開催される。 ニューシングル『Dead End in Tokyo』は、来春1月21日に公開される映画『新宿スワンⅡ』の主題歌となる楽曲で、なんと、アメリカのロックバンド”Fall Out Boy”のヴォーカリストである、パトリック・スタンプをプロデューサーに迎えられて制作されたことも公開されている。 この日のライブは、アルバム『The World’s On Fire』の収録楽曲を中心に、12月3日に配信リリースされる新曲『Hey Now』をはじめ、人気楽曲もふんだんに散りばめらた内容に。二日間で述べ集まった20,000人観客達を熱狂の渦に巻き込んだ。このツアーは、11月30日の石巻BLUE RESISTANCEまで続くが、11月3日の名古屋公演の模様が、WOWOWにて2017年1月21日放送されることが決定。今回のツアーに参加出来なかったファンは、テレビで体感する事ができるので要Checkだ。 photo by Nobuyuki Kobayashi、Daisuke Sakai(FYD inc.)