H乳和地つかさ 高熱で意識朦朧「ポロリしてたかも」
148cmと小柄ながら、ド迫力90cmのHカップが魅力の”わっち”こと和地つかさが、7枚目のDVD『たわわっち』(ラインコミュニケーションズ)をリリースした。初めてBlu-ray版も発売された。 旅館の娘役の和地が、宿泊客の男性に恋をして追いかけるというストーリー。撮影時はマイコプラズマ肺炎を患い、40℃近い熱があったという。「ぽーっとしててあんまり覚えてないんです。ポロリしてたかも」と告白。そんな中BARでお酒を飲みながら艶っぽく告白するシーンがあったそうで、「意識が朦朧としてて、本当に酔ってるみたいでした」と振り返った。 プライベートでも女友達と集まってお酒を飲むことが好きだという和地。日本酒が好きで、自宅に一升瓶を買って置いてるとかで、「獺祭」がお気に入りだそうだ。「青山ひかるちゃんとか仲良いのでよく一緒に飲みます」と教えてくれた。酔っぱらうとじゃれ合いが過ぎて、相手をビンタすることがあるそうなので、一緒に飲む機会に恵まれた時は注意が必要?かも。 2016年は、正月特番で、上島竜兵などをドッキリに賭け、番組タイトルから「煩悩カップ」と話題になってスタートした和地。「今年はグラビアアイドルとしていろんな方に知っていただいたし、目標は”好きなグラビアアイドルは誰ですか?”と聞かれたら私の名前が出るようにって言う目標だったんですが、来年はもっといろんな和地つかさを知って頂けるようになれたらなと思います。マンガ雑誌の表紙とか、バラエティーで良く見るね。って言われいたいです」と意気込んだ。 現に今年は「モニタリング」(TBS)で”ゆさゆさラーメン湯切りガール”として、再びドッキリの仕掛人として話題になったり、舞台「コウの花嫁」では初のヒロイン役に抜擢されたりと、何かと飛躍の年だったと言えよう。童顔で小柄で、声が可愛くて、むっちりウェストにたわわなHカップ。それでいて、上からも下からもこぼれまくる露わな限界ポーズもこなし、明るい笑顔から、艶めかしい挑発の表情まで、猫の目のように変えられる、グラビア界の至宝であることは間違いない。今後も”わっち”から目が離せない。