レコ大企画賞受賞の蘭華 ワンマンライブ開催決定
シンガーソングライター蘭華のファーストアルバム『東京恋文』が「第58回 輝く!日本レコード大賞」企画賞を受賞した。 このアルバムは、夢を追い求めて上京したひとりの少女が、喜怒哀楽、出逢いと別れ、様々な経験をして大人の女性へと成長してゆくその過程を、恋愛、人生、命、望郷といったテーマに織り込み、少女の可愛らしさと大人の妖艶さの二面性を表現した作品集。 全曲の作詞・作曲を蘭華が担当。彼女の音楽には欠かすことのできない中国の古典楽器「二胡」が醸し出すオリエンタルなサウンドをベースに、篠笛、篳篥(ひちりき)、笙(しょう)、三味線、沖縄三線、琴、更には中南米の民族楽器を代表するチャランゴやケーナ、サンポーニャなども見事に取り入れ、雅な和の世界も味わえ、大陸の香りも漂わせる一枚となっている。 近松門左衛門の「曽根崎心中」に登場する遊廓の女達や、「源氏物語」で光源氏を愛した女達をヒロインにした『揺れる月』、一曲の中に俳句を何句も織り込んだ『美しき人生』、閑吟集の句を題材にして創作した『花籠に月を入れて』など文学的な楽曲が並ぶ。アートワークの部分でも本人のアイデアにより、大正ロマンの香りがする和洋折衷の洋館に着物姿や長襦袢姿で蘭華が佇み、竹下夢二の世界を彷彿とさせるような世界観を演出。まさに「昭和歌謡とJ-POP、オリエンタリズムと和の融合」ともいうべき、ファーストアルバムにして革新的な平成を代表する歌謡アルバムが産まれた。 そしてアルバム発売記念のワンマンライブも12月18日、代官山の「晴れたら空に豆まいて」にて開催されることが決定。CDでも使われている二胡やケーナなどの生演奏をバックに歌う蘭華の生の歌の魅力を体感できるチャンスだ。 その独創性のあるメロディーと普遍的な歌詞、透明感のある美しい歌声が、老若男女問わず幅広い世代に共感されていることは、「長く歌い継がれる楽曲」の到来が待ち望まれる音楽業界の活性化に一石を投じるきっかけになるかもし知れない。 <ライブ情報> 蘭華ファーストアルバム「東京恋文」発売記念ワンマンライブ!! 日時:12月18日(日)開場18時 開演19時 会場:代官山・晴れたら空に豆まいて ◆スペシャルゲスト:松武秀樹 ◆参加ミュージシャン:羽仁知治(Pf)、菱本幸二(ケーナ)、菊池達也(A.G)、太田久遠(二胡)