橘ゆりか 初の海外Aマッチ取材に奔走
タレント活動だけでなく明治安田生命Jリーグでもサッカーレポーターなどで活動をし、サッカー好きタレントとして注目が集まってきている元アイドリング!!!の橘ゆりかが、東アジアカップ予選EAFF E-1 FootballCampionship2016の取材を行った。橘ゆりかにとってはブラジルW杯以来の海外でのサッカーの仕事と、香港代表やグアム代表などの代表戦という初の海外Aマッチの取材となった。 橘は「まだまだ発展途中の東アジア地域のサッカーですが、女子も男子もサッカーに対する熱意はかなり熱いものを感じました。地元開催というだけあって香港サポーターはかなり気合が入っていましたね!チームがボールを回せば大きな声援が響きますしブーイングも迫力があります。香港は残念ながら予選突破とはなりませんでしたが、これからもっともっと盛り上がりそうな予感がします!そして男子は北朝鮮代表、女子は韓国代表が予選を勝ち上がり来年12月の本選で日本にやってきます!ロシアW杯開催のわずか半年前に行われる本選もかなり緊張感のある試合になるのではないでしょうか?日本代表との対戦も楽しみです!今回の取材はサッカーはもちろんですが、香港の街でもたくさん撮影しました!美しい夜景やレトロな街並み、グルメと私自身も大満喫!いいところですね香港~!!」というコメントを寄せてくれている。 香港の魅力とE-1の熱狂を橘ゆりかがお伝えする動画は3本立てで動画配信予定。動画を観てもらえれば橘ゆりかのサッカーの知識と情熱が伝わるはずだ。