原田知世 突然の『ハッピー・バースデー』に感涙 AL発売記念ツアーファイナル

今年5月にリリースした邦楽カヴァー・アルバム『恋愛小説2~若葉のころ』がロング・ヒット中の

大阪・名古屋・東京にて計4公演で開催されたアルバム発売記念ツアー「恋愛小説2 -若葉のころ リリースツアー-」も、全公演が即日ソールドアウトとなった。そのツアー・ファイナルが、11月19日(土)にブルーノート東京にて行われた。

原田知世_20161119ブルーノート東京_1st_4小

1stステージは開演時間定刻に、バンマスを務めるギタリスト/プロデューサーの伊藤ゴローとともにバンド・メンバーがステージに登場。バンドは、ここ3年間レコーディングやライヴで活動を共にしている、原田自身も絶大な信頼を寄せるメンバーばかり。この日はさらに伊藤彩率いるストリング・カルテットが加わり、総勢12名がステージに立った。

1曲目は竹内まりやのカヴァー『September』。は新作のジャケットやミュージックビデオでも着用したpetite robe noire/YOSHIYOのワンピースとアクセサリーを身に着け、軽やかなステップを踏む。その透き通るような優しい歌声とナチュラルな笑顔に、会場内は柔らかな空気に包まれた。

前半は『やさしさに包まれたなら』、『秘密の花園』と、アルバムの曲順通りに進行。
最初のMCでは、新作がオリコン週間アルバムランキングで初登場4位にランクインしたことに触れ、「自分の作品がトップ10に入るのは約20年ぶりだったので驚きました。女優と並行して歌手としての活動もずっと続けてきましたが、今回みなさんのおかげでご褒美をいただけたようで、本当に嬉しかったです」と、ファンへの感謝の気持ちを語った。

続けて、大好きな曲で“子供のころ最も歌った”という久保田早紀の『異邦人』、そして前々作『noon moon』からオリジナル曲『うたかたの恋』を披露。どちらも切なさあふれるナンバーだが、原田は情感をたたえた歌唱で見事に表現した。

それに続くMCでは、主演を務めたNHKドラマ10「運命に、似た恋」に触れ、「脚本家の北川悦吏子さんは執筆にあたって、役者のことを熱心に取材されるのですが、今回は『恋愛小説2~若葉のころ』を何度も聴いて脚本を書いてくださったそうです。私としては、音楽と女優の仕事が繋がったようで、とてもいい経験をさせていただきました」と、ドラマとアルバムとの意外な接点を語った。

その後に披露したのは、『木綿のハンカチーフ』。歌詞に登場する、遠距離で心がしだいに離れていく恋人たちを、原田は演じるかのように歌う。その表現はまるで映画のシーンのようで、本公演のハイライトと呼べる感動的なパフォーマンスとなった。

コンサートの終盤では、『年下の男の子』をなんと振り付きで披露。動画サイトでキャンディーズの当時の振り付けをチェックし練習したそうで、嬉しいサプライズに場内は大いに盛り上がった。

アンコールは、まずはバンドのみでしっとりとしたインスト・ナンバーを披露した。演奏はそのまま『SWEET MEMORIES』のイントロに繋がったのだが、イントロの途中で突然終了。本人も何が起こったのか不思議がっているのもつかの間、バンドは『ハッピー・バースデー』を演奏。ステージにはブルーノート東京のスタッフが用意した大きなバースデー・ケーキが登場し、11月28日に誕生日を迎える原田を祝福した。

原田は大感激し目に涙を浮かべながら、「今年は、嬉しいことや悲しいこと、いろんなことがありましたが、学んでまた少し成長できたかなと思える実りのある一年でした。来年はデビュー35周年ですし、また歌手としても女優としても、ファンの皆さんにお返ししていける、良い年にしていきたいと思います」と真摯に語った。

それに続けて歌った『SWEETMEMORIES』は、ストリングスの美しい響きとあいまって、心に迫るパフォーマンスであった。最後には、もう一度『September』を演奏。客席からは手拍子も起こるなか、冒頭時よりもリラックスした歌声を聴かせ、ステージを締めくくった。

(写真)黒田隆憲