BACK-ON 新曲をファンに贈り充電期間へ
11月19日に渋谷RUIDO K2にてワンマンライブ「See You Again!!」が開催された。 発売から10分持たずに即完したプレミアムチケットを手に、ファンはそれぞれの思いと共に会場へと詰めかけた。この日はインディーズ時代にリリースされた『ADACHI TRIBE』収録楽曲から最新楽曲『The Last One』まで、余すこと無くBACK-ONを堪能できるセットリストが届けられた。 14曲が演奏されライブ終盤の空気が出始めた頃、TEEDAは「結成から止まること無く走り続けてきたから、ちょっと充電してみたら・・・助走をつけたらどれだけ高く跳べるのかなってさ。俺らを信じて待っていてほしい。」とファンに伝えた。 そして感謝の気持ちを詰め込み、この日の為に書き下ろされた新曲『手紙』が演奏される。 “言い切れないよ、キミへの思いが溢れて止められない 書き切れないよ、僕の思いが伝えようと今唄う。” 話しかけるようなメロディで、KENJI03がファンひとりひとりと目を合わせながら歌っていたのが印象的だった。 BACK-ONはこの日を境に、日本国内でのライブ活動を休止し充電期間へと突入した。 実際この様な発表、休止を行ったアーティストが表舞台へと戻らないケースもある。現在BACK-ONがアーティスト、バンドとして何かしらの岐路に立っていることは間違いないだろう。 それでも今は、再会を約束するようにステージから音を届けていたメンバーの表情を信じ、BACK-ONの中に描かれている未来予想図が完成するのを待ちたい気持ちだ。それを感じさせてくれる「See You Again!!」というライブだったから。