夢みるアドレセンス 4人体制試練の新曲MVを公開
ネクストブレイクアイドルの最右翼とも称され、2015年のメジャー・デビュー以降、真心ブラザーズ、オカモトショウ(OKAMOTO’S)、志磨遼平(ドレスコーズ)、首藤義勝(KEYTALK)、MINMIといった数々のアーティストによる楽曲提供が話題を呼び、ルックス偏差値の高さも相まって現在、J-POP界最大注目株の夢みるアドレセンス(夢アド)。 彼女たちが11月23日にリリースするニューシングル『大人やらせてよ』のミュージックビデオが、本日オフィシャルYouTubeチャンネルとGYAO!にて公開された。 この楽曲は、作詞・作曲を川谷絵音、編曲を冨田恵一が手掛け、思春期(アドレセンス)を生きる少女の焦燥感、大人と子供の間で揺れ動く複雑な心模様を鮮やかに描き出した楽曲。ミュージックビデオは、数々の作品を手掛けてきた映像作家の柿本ケンサクが担当しており、人間の様々な想いが渦巻く渋谷の街を舞台に、感情を外に解き放ったかのようにメンバーが様々な行動を取る、観る者に強いインパクトを残すセンセーショナルな内容になっている。 さらに、22日の朝日新聞朝刊(首都圏)に、夢みるアドレセンスが全面広告で登場する予定だ。奇しくもメンバーの1人、小林れいが10月より無期限活動休止となった彼女たちが、初めて4人体制で挑んだ試練のシングルタイミングで、“カワイイだけじゃダメなんですか!?”を合言葉に活動してきた、これまでのアイドル然としたビジュアルとは一転、メンバーのシリアスかつインパクトのある姿が掲載されている。 夢みるアドレセンスは、現在このシングルを携えたリリースイベントを開催中で、これまで行ったイベントでも一切披露されていなかった「大人やらせてよ」は、発売日のタワーレコード渋谷店 B1F CUT UP STUDIOで初披露されるのか、期待が高まる。 来年初春にはシングルを2枚リリース。さらには、1月から東名阪のワンマンツアーが既に発表されており、夢アドにとって、怒涛の3連続リリース&ツアーを迎える事になる。この試練の中、より高いステージで小林れいを迎え入れる為にも、夢アドの快進撃は止められない。