SKE48鎌田菜月「恋チュン」ダンスで将棋界レジェンドに負ける
SKE48が愛知県芸術劇場にて「みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート~未来のセンターは誰だ~」を開催。2日間合計でおよそ9600人ものファンを集めた。今回、アイドルグループとして過去に例を聞いたことが無い、それぞれのメンバーが持ち時間10分を好きに使い「ソロコンサート」を行うというイベント。 最近、テレビ番組のダイエット企画で一躍有名となった鎌田菜月は、趣味と実益を兼ね仕事にも結びつき始めている将棋をテーマとした。そんな鎌田の応援に駆けつけたのは、将棋界のレジェンドとしてバラエティでもおなじみとなっている加藤一二三氏。 年齢的には孫と言ってもおかしくない年齢差の両者、鎌田は加藤氏のバラエティでの人気ぶりから「アイドル」とみなし、「アイドルvsアイドルガチンコ三番勝負」として知力、体力、運をそれぞれ両者で競うことを提案。 まずは動物将棋で知力を競うも時間切れでドロー、そして体力勝負では『恋するフォーチュンクッキー』でダンスバトル。当然、AKB48グループの代表曲でもある恋チュン、完璧に踊る鎌田に対し、独特のダンスで対抗する加藤氏、結果は会場のファンに委ねられたがなんと圧勝で加藤氏の勝利。ファンも、この企画のノリがわかっているようだ。 最後は、運を試すために「わさび入りのマグロずしを食べたほうが負け」というバラエティ定番の勝負をするが、わさび入りの寿司を黙々と食べてしまう加藤氏…こちらもドローとなり三番勝負はダンスバトルで圧勝した加藤氏が勝ち取った。 写真は、鎌田菜月公式ツイッター@nacky_k829より