桑田佳祐NEWシングルCM ウッチャンが大号泣
11月23日(水・祝)にリリースされる桑田佳祐のニューシングル『君への手紙』。先日そのミュージックビデオ(MV)が公開されたばかりだが、それに続いてこのシングルのTVCMが公開されたが、このCMに、内村光良がゲスト出演していることが明らかになった。 内村は、映像監督の役柄という設定で登場、あたかも『君への手紙』のMVを監督したのが、内村監督だったかのような内容のCMなっている。 MVは、無数の手紙が鳥の羽に変化し、桑田が「バードマン」になったがごとく背中に羽が生えるというダイナミックなラストシーンに加え、広く開けた冬の海に向かって歌う桑田の姿が印象的。モニターに映る、この海のシーンを一心に見つめる撮影監督、その監督こそが、実はウッチャンだったのか?という内容のCMになっている。(実際は内村さんがMVを監督したわけではありません) 『君への手紙』は、もともと内村自身が監督・脚本・主演を務めた、現在公開中の映画「金メダル男」の主題歌として書かれた楽曲。そんな縁をきっかけにして実現した今回のCM企画だが、監督、そして役者としての顔も持つ内村の面目躍如たるものとなった。『君への手紙』を歌う桑田の姿を見て感じ入る内村は最後には大号泣してしまう。監督なのに号泣してしまうウッチャンの表情に注目だ。 このCMは東京と大阪を中心に11月18日からTVでオンエアされるほか、本日よりYouTubeでも公開。さらに、60秒のロングバージョンが、全国各主要都市の街頭ビジョンでも流れる予定なので、ぜひチェックをしてほしい。