観月ありさ 25年の歴史が詰まったベストALを自身誕生日に発売
4歳の頃からCMや雑誌などで子役モデルとして活動し、1989年にフジテレビ系で放送された「教師びんびん物語II」に生徒役で連続ドラマ初出演。 フジカラー「写ルンです」やレナウン「スコレー」のCMで注目を浴び、同じくCMを中心に人気を集めた宮沢りえ、牧瀬里穂と共にその頭文字をとって「3M」と呼ばれ、女優として時代の寵児となった観月ありさ。 そんな中、1991年5月15日尾崎亜美作詞作曲によるシングル『伝説の少女』で歌手デビュー。オリコンシングルチャートでは最高位5位を記録、同年の第33回日本レコード大賞で新人賞を獲得し、以降、25枚のシングル、ベスト・リミックス含む12枚のアルバムを発売、歌手活動も精力的に行ってきた。 その歌手活動25周年の全てが収録されたコンプリートベストアルバム『VINGT-CINQ ANS』を自身の誕生日である12月5日(月)に発売することが決定した。 シングルの発売順に楽曲がラインナップされており、その時々の想いに浸りながら曲を楽しめる作りになっている。 アルバムには、デビュー曲である『伝説の少女』、代表曲である『TOO SHY SHY BOY!』をデビュー以来25年ぶりに再レコーディングしたヴァージョンも入っており、デビュー時とは一味違う25年のキャリアを感じさせる雰囲気を醸し出している。 歌手デビュー25周年を迎えた観月ありさは 「私の25年が詰まった集大成ともいえるアルバムです。デビュー時から現在に至るまでの様々な想いが詰まっています。皆さんもこのアルバムを通じて色々な想いを感じて聴いて欲しいです」とコメントした。 25年の歴史が詰まったアルバム『VINGT-CINQ ANS』は人生の中でふと立ち止まって振り返られる、まさに永久保存盤のアルバムであることは間違いない。