指原莉乃が「テレビ出演急増」なぜ人気なのか?魅力に迫る
指原莉乃の勢いが止まらない。テレビ番組の出演本数は、現在レギュラーとして出演する「さしこく〜サシで告白する勇気をあなたに〜」「HKT48のおでかけ!」「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」を始めとして、準レギュラーとしての番組や単発でのゲスト出演、HKT48メンバーとして、AKB48選抜メンバーとしての出演などを合わせるとまさに「見ない日はない」活躍を見せている。 女性タレントとして、現在テレビ出演本数で女性お笑い芸人以外で指原のライバルとなる「小島瑠璃子」が2016年度も圧倒的な強さを誇るが、小島に迫る勢いを感じさせるほど、とにかく指原がテレビに出まくっている。 なぜ、指原はテレビで好かれるのか? まず第一に、小島瑠璃子にも言えることだが、臨機応変に様々な場面でコメントが言える地頭の良さがある。時には下ネタをはさみながらその番組ごとのMCの特性に合わせることが出来る。現在では、レギュラー番組でフットボールアワー後藤輝基と絡むことが多く、指原を信頼する後藤から様々な「良いパス」が来て笑いが生まれ、そしてまたオファーが来る…と好循環が生まれている。これも、指原がしっかりと後藤とのコンビネーションに磨きをかけていたからこそ。最近では、後藤以外のMCとも即座に息を合わすことが出来るようになり、バラエティーでは欠かせない存在にまで成長をした。現に、ワイドナショーにてゲスト出演し共演をする松本人志も指原を高評価しているという。今年の大活躍で多くのMCから評価を得て、さらに来年以降番組に呼ばれることも多くなるだろう。 これだけでも、過去のアイドルから照らし合わせても、前代未聞の大活躍をしている指原だが、本業のアイドルとしても異次元の活躍をしている。国内最大級の人気を誇るAKB48の中で、総選挙を始めとして圧倒的な人気を誇っている。 自身が所属するHKT48では、コンサートプロデュースやイベントプロデュースにも関わり、自身がセンターとして切り盛りすること無く、若手メンバーをピックアップし仕事を任せ、育てる役目もこなしている。こういったプロデューサー的な視点を持って日々仕事をしていることも、個人活動をする際のセルフプロデュースに大いに役立っていると考える。 今回発表されたディナーショーも、アイドルが通常は行うイベント形態ではない。そこをあえて、知名度No.1の指原が行うという試みが、非常に面白い。 そして何よりも度肝を抜いたのは、ananのSEX特集でのセミヌードだろう。写真集「スキャンダル中毒」でも現役トップアイドルらしからぬ「美尻」を披露したが、現時点でもっとも人気が高いアイドルが過激なセクシー路線で攻める、しかも指原がアイドルとしてセクシー担当では無い中であえて、ということもあり各メディアが大々的に取り上げた。 こういった、チャレンジ精神のもとで常に「過激な仕掛け」を行うのも指原莉乃の魅力だ。その仕掛けは、彼女がハロー!プロジェクトのヲタクレベルのファンだった過去の知識や経験も大いに生かされているだろう。 指原莉乃の人気は、何もAKB48の総選挙で1位になったからではない。卓越したトークスキルと、圧倒的な時代を読むバランス感覚、そして何よりもセルフプロデュースの能力が抜群に高いから、いい仕事に恵まれ、好循環が生まれる。 アイドルとしては、前人未到の領域へ踏み出している指原莉乃。これからも、指原の動向に注目していきたい。