ピコ太郎、台湾の空港で一時パニックに
日本を飛び越えて世界でも人気の高いピコ太郎。 大ブレイク中の最中、日本時間の11月11日、プロモーションの為に台湾を訪問した。ピコ太郎が海外で活動するのは初めてのことであり、代表曲『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』が大ブレイクしているものの、実際にどれだけ海外で人気があるのか、正直本人も未知数のところではあっただろう。 しかし、いざ空港で到着ロビーを出ると、そこには平日の昼時にも関わらず約300人を超えるファンや多数のマスコミが殺到。ピコ太郎への怒涛の質問攻め、サイン攻めに空港内は一時パニックに。 そんな中でも「謝謝&Be careful!」(ありがとう、そして、気を付けて!)とファン・マスコミを気遣う姿が印象的だった。到着早々に台湾での手厚い歓迎を受けたピコ太郎は、その後の記者会見で「台湾には始めて来たのですがずっと来たかった国だったので来られて、本当に嬉しいです。みなさん、優しいし綺麗な女性が多いですね!」と、台湾に来れた喜びを語った。 また、一番好きなフルーツは何かという質問に対し、「キウイフルーツです」と答え今後キウイの曲もあるかも?と構想を語り、会場の笑いを誘った。改めて海外での人気を証明してみせたピコ太郎。台湾ではこのあと現地のテレビ局やラジオ局を回る予定となっている。