妄想キャリブレーションが新衣装アートワーク解禁
でんぱ組.incを輩出した“秋葉原ディアステージ”発の6人組アイドルユニット・妄想キャリブレーション(以下:妄キャリ)が12月14日リリースの3rd single『Bang Bang No.1』のアートワークを解禁した。 現在は12月25日のツアーファイナル・新木場STUDIO COASTまで、全国12か所をまわる自身2度目の全国ツアー“ULTRA MOSO ∞ PARTY!!!!!!”を開催中の妄キャリ。 ツアーのコンセプトでもある“PARTY”がテーマとなっている新曲のジャケットでは、カジュアルさの中にゴールドをあしらった新衣装を着用し、バックライトに照らされながら『Bang Bang No.1』というタイトルの通り、ピストルを構えたポーズをとるメンバー。さらにゴールドの紙吹雪のなか“PARTY”さながら、笑顔で飛び跳ねるメンバーのアーティスト写真もあわせて公開され、新曲に華を添えるアートワークが完成した。 この新曲は、前作『アンバランスアンブレラ』に引き続き、作詞家・加藤哉子と共作で、妄想キャリブレーションのメンバー全員が作詞を担当。RADIO FISH『PERFECT HUMAN』を作曲したJUVENILEが作曲・編曲を、RADIO FISHのメンバー=FISH BOYが振付を担当した。 メンバーの雨宮伊織は今回の楽曲に関して「いい意味で“妄想キャリブレーションっぽくない”型破りな一曲になったと思います。」と語り、華やかな衣装に関しても「着るだけで強くなれそうなちょっと大人っぽいデザインでお気に入りです!」嬉しそうにコメントしている。