氷川きよしが子供達と「OHA!」テレ東「おはスタ」新OPを初披露
演歌界のプリンス・氷川きよしが、11月7日にテレビ東京系番組「おはスタ」に生出演し、同番組の新オープニング曲として書き下ろした楽曲『きよしのチキチキOHAソング』を初歌唱した。 「おはスタ」は1997年よりテレビ東京系で平日早朝に放送されている、子供たちに絶大な人気を誇る情報バラエティ番組。今回同番組がテレビ東京・新スタジオからの初放送を記念し、氷川きよしの番組生出演と、新オープニング曲の生歌披露が実現したもの。 新オープニング曲となった『きよしのチキチキOHAソング』は、氷川きよしwith コケッコ組による、アップテンポでノリのいい楽曲。氷川も「テンポのいい楽曲で、朝から元気になれる『おはスタ』にぴったりの曲です」と紹介。番組でもコケッコ組の子供達と一緒に、「OHA!」のかけ声や軽快な振付も交えながら、爽やかな歌声を披露した。歌唱後も氷川は番組に引き続き出演し、新コーナーのクイズにも参加。メインMCのはなちゃんとおのちゃん、ヌワラやマル、おはガールらレギュラー陣と一緒に、氷川も番組の最後まで楽しんでいた。 早朝の生出演を無事に終えた氷川は、「久しぶりに早い時間に起きて、爽やかな子供たちの番組に出させて頂いて刺激的でした。コケッコ組も可愛かった!『きよしのチキチキOHAソング』は歌っていて元気になります。毎朝、僕の歌で元気になって、いい1日にしていただけたら嬉しいです」と笑顔で話した。NHKみんなのうたでオンエアされた『おじいちゃんちへいこう』に引き続き、演歌界のプリンスの人気は演歌・歌謡曲ファンだけでなく、子供達へも拡大しそうだ。 なお、『きよしのチキチキOHAソング』は、本日より「おはスタ」新オープニング曲としてテレビ東京系列で月曜~金曜の朝7:05より番組内でオンエアされる。リリースについては未定とのこと。